JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 後半に得点を重ねたG大阪が“関西対決”を制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第3節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

後半に得点を重ねたG大阪が“関西対決”を制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第3節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年04月19日

後半に得点を重ねたG大阪が“関西対決”を制する 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第3節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021WESTは、4月17日(土)と18日(日)に第3節を行い、ガンバ大阪ユース(大阪)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)が対戦しました。

ピックアップマッチ

ガンバ大阪ユース 6-2(前半2-2、後半4-0)ヴィッセル神戸U-18

2試合で8得点を奪うなど開幕から好調を維持するG大阪の攻撃力がこの日も発揮されました。キックオフと同時に攻撃のギアを上げると、5分にはFW坂本一彩選手(#11)の仕掛けから、左CKを獲得。MF浅野直希選手(#7)がゴール前に入れたボールをMF安達晃大選手(#22)が合わせ、先制しました。13分にも浅野選手の左CKから、MF和田直樹選手(#17)が右足シュートを決めて2点差としましたが、ここから流れは神戸に傾きました。

「3-4-3から、4-3-3に変化してきた相手をつかまえられなくなった」(G大阪・森下仁志監督)ため、神戸にボールを持たれる場面が増加。「相手が前からアグレッシブに来ると想定して、今週1週間練習してきた。近くではなく目線を変えて、一つ奥の相手や背後のスペースに出すのがコンセプトだった」と話すDF尾崎優成選手(#4)らに3バックの背後を狙われ始めました。16分には短くなったクリアを自陣で拾われ、MF泉彩稀選手(#11)にゴールを献上。26分には、FW蘓鉄航生選手(#23)の右クロスから、DF村井清大選手(#17)がヘディングゴールを許し、同点で前半を終えました。

嫌な流れを止めたのは、「負けてもおかしくない流れだったけど気持ちを切り替えて、取り返そうと話し合った」と振り返るG大阪のFW南野遥海選手(#18)でした。49分には、右サイドを上がったDF脇山陽登選手(#2)のパスをペナルティーエリア右で受けると、「コントロールした時点で、点が決まったのを確信した」と冷静に左足シュートを決めました。

前半の課題となった守備も後半は相手のDFに対するプレッシャーの掛け方を変えたことで、高い位置でのボール奪取が増加。相手エリアでの時間が増え、次々と神戸のゴールに襲い掛かります。69分には、右サイドを抜け出した南野選手のパスから、坂本選手が4点目をマーク。74分にもMF三木仁太選手(#14)のスルーパスから、坂本選手がゴールネットを揺らしました。終盤に訪れたピンチもGK上西駿大選手(#16)の好セーブでしのぐと、終了間際に6点目をマークし、試合を終えました。

WEST唯一の3連勝を達成し、首位に立ったG大阪ですが、気の緩みは見られません。ゲームキャプテンを務めた浅野選手は、「相手がどうこうではなく、自分たちがやるだけ。次のサンガ戦もチャレンジャーの気持ちで挑みたい」と早くも次戦を見据えました。

監督・選手コメント

森下仁志 監督(ガンバ大阪ユース)
課題だらけの試合でした。やるべきことができておらず、まだまだ隙があります。勝ち切ることができましたが力の差はありませんし、後半も危ない場面を決められていれば試合展開はどうなっていたか分かりません。その辺りの甘さがあると、代表クラスの選手ばかりいるトップチームで一緒にプレーはできません。相手が変わっても、自分たちで状況を判断しながら守備ができるようになってほしいです。そういう意味では、さまざまなやり方のチームと対戦できるプレミアリーグの良さを感じています。

MF #7 浅野直希 選手(ガンバ大阪ユース)
前半は2点先取できたのですが、自分たちのリスク管理の甘さが出て2失点してしまい、苦しい展開になりました。上出来と言える内容ではなかったのですが、ハーフタイムに活を入れられ、そこからは自分たちでアクションを起こせるようになりました。攻撃の姿勢を出せたから、4点が取れたと思います。毎週強い相手と対戦できるプレミアリーグの環境には感謝したいです。この舞台を戦えなかった昨年の3年生の分まで僕らが楽しみながら、頑張っていこうと思っています。

野田知 監督(ヴィッセル神戸U-18)
前半と後半の立ち上がりに失点したのが勝負の分かれ目でした。1対1の局面でほとんど相手に持って行かれていては良い展開に持ち込めません。相手の方が上手さと強さがあって、駆け引きもできていました。力で勝さる相手に対し、中盤で対抗できなかったため、チャンスがつくれませんでした。攻撃も高山が頑張っていましたが、点を取るためのパワーがなかったように感じました。ガンバとの力の差を感じた試合でした。

DF #4 尾崎優成 選手(ヴィッセル神戸U-18)
個人の力だけでなく、チームとしても力の差を感じました。球際の強さ、ボールを扱う技術、背後への抜け出す回数が劣っていたのが、今日の点差につながりました。そうした相手に対して、立ち上がりのような気の緩みを見せると2点、3点決められます。追いついたところまでは良かったのですが、後半も入りが悪く失点したため、ゲームが崩れました。3連敗の悪い雰囲気を改善できるのは僕たちだと思うので、練習から戦う基準を一から意識していきたいです。

その他の試合結果

京都サンガF.C. U-18 0-0(前半0-0、後半0-0)大津高校
サンフレッチェ広島F.Cユース 0-0(前半0-0、後半0-0)ジュビロ磐田U-18
東福岡高校 1-2(前半0-1、後半1-1)名古屋グランパスU-18
サガン鳥栖U-18 2-1(前半0-1、後半2-0)セレッソ大阪U-18

京都サンガF.C. U-18(京都)と大津高校(熊本)の一戦は、両者一点が奪えず引き分けとなりました。ジュビロ磐田U-18(静岡)をホームに迎えたサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は思い通りにチャンスがつくれず、スコアレスドローとなりました。東福岡高校(福岡)と名古屋グランパスU-18(愛知)の対戦は、15分に名古屋のFW豊田晃大選手(#8)が先制点をマーク。DF前田稜太選手(#12)の得点で一度は同点としますが、80分に豊田選手が2点目を奪い、今季2勝目を手にしました。サガン鳥栖U-18(佐賀)はセレッソ大阪U-18(大阪)を追い掛ける展開となりましたが、後半にFW二田理央選手(#11)が2ゴールを奪い、逆転勝利を収めました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー