JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > プレミア初参戦の鳥栖が東福岡の猛攻を振り切り初勝利! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第2節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

プレミア初参戦の鳥栖が東福岡の猛攻を振り切り初勝利! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第2節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年04月12日

プレミア初参戦の鳥栖が東福岡の猛攻を振り切り初勝利! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第2節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021WESTは、4月10日(土)と11日(日)に第2節を行い、サガン鳥栖U-18(佐賀)と東福岡高校(福岡)が対戦しました。

ピックアップマッチ

サガン鳥栖U-18 3-2(前半2-0、後半1-2)東福岡高校

サガン鳥栖U-18は初のプレミアリーグに挑んだ前節、DF安藤寿岐選手(#3)が「1試合通して自分たちらしさが出せなかった」と振り返る通り、緊張から思い通りのプレーができず名古屋グランパスU-18(愛知)に0-4で敗戦。初勝利を狙う今節は、田中智宗監督が「僕らはプレミアリーグ参戦初年度。我々はチャレンジャーなので受け身になるではなく、アグレッシブに挑もうと徹底してゲームに挑んだ」というように、試合開始と共に積極的なプレーを披露しました。

「相手がハイラインだったので背後を突き、空いたギャップを狙っていた」(MF福井太智選手/#14)という鳥栖は、自陣でのボール回しからサイドを攻略すると、3分には右CKからDF岡英輝選手(#4)がヘディングシュートで先制点をマークしました。28分には右サイドを攻撃参加したDF戸田峻平選手(#2)のパスがゴール前へと入りました。中央からのこぼれ球を狙ったMF楢原慶輝選手(#8)のシュートは東福岡のGK須田純弥選手(#25)の好セーブに阻まれましたが、直後の左CKを安藤選手が頭で合わせ、2-0で前半を折り返しました。

後半も鳥栖のペースで試合が進み、57分には左サイドから仕掛けた福井選手が倒され、PKを獲得。このチャンスを安藤選手が決めて3点差としましたが、ここからは攻撃の勢いが低下しました。

一方の東福岡も須田選手が「崩されての失点は無かったので、まだいけると思っていた」と振り返る通り、気落ちした様子は見られず、60分には右クロスをMF大渕来珠選手(#29)がダイレクトでシュート。ゴールの右隅を突いたこの一撃はGK栗林颯選手(#33)の好セーブに阻まれましたが、以降も攻撃の手を緩めません。すると、73分には「キックには自信があるので、良いボールを蹴れば決めてくれると思っていた」と振り返る大渕選手の右CKからDF段上直樹選手(#4)がヘディングシュートを決めました。89分にも左CKからDF前田稜太選手(#12)がゴールネットを揺らし、1点差まで詰め寄りましたが、反撃おばず3-2でタイムアップ。九州対決を制した鳥栖が、うれしいプレミアリーグ初勝利を掴みました。

監督・選手コメント

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-18)
セットプレーから点を取れたのは良かったのですが、2失点もしたので課題が多く残りました。ボールを握る時間が多かったプリンスリーグとは異なり、プレミアでは相手の時間も増えるため、我慢して守れなければいけません。また、流れの中から点が取れるチームになるためにも、PKを奪った場面のように積極的な仕掛けを増やし、ゴール前でのクオリティーを高めなければいけません。そうした個人での成長をチームとしての成長につなげてほしいです。

DF #3 安藤寿岐 選手(サガン鳥栖U-18)
今節はミーティングからサガン鳥栖らしさである球際の強さや切り替えの速さで相手に勝とうと話をして挑みました。前半はそこがうまくいき、良い時間帯に点が取れて、3点目まで奪えたのは良かったです。ただ、終盤は暑さで足が止まり2失点してしまったので、自分がもっと気を引き締めるべきでした。武器にしているセットプレーから3点取れたのは良かったのですが、もっと一人一人が技術を上げて、流れの中から得点を奪いたいです。

森重潤也 監督(東福岡高校)
相手は後半に足がつるくらい前半からアグレッシブに来ていたので、そこをうまくしのがないとゲームをものにできません。点差が開いたもののアグレッシブさが出せた開幕戦の後半くらいの姿勢で試合に入ってほしかったのですが、戦う気持ちの部分で後手を踏んだ気もします。3失点目が無ければ勝点1が取れた試合だったとも思います。一方で前節も含め、2試合続けて後半にゴールを奪い、戦う気持ちを見せてくれました。次につながる部分を強化し、次節に挑みます。

MF #29 大渕来珠 選手(東福岡高校)
サガン鳥栖は中学時代に所属したことのあるチームです。1点目と2点目を決めた2人は中学時代から「2人に蹴っていれば点が取れる」と思っていた選手でヘディングの強さは分かっていましたが、改めてさすがだなと思いました。自分が何とか点を取って勝ちにいこうと試合に挑みました。ボールを持てば何かをやれる自信はあるので、ボールがほしいと要求していました。ある程度は仕事ができたと思いますが、自分がチャンスを決めていればまた違う結果になったので悔しさもあります。

その他の試合結果

大津高校 1-0(前半0-0、後半1-0)ヴィッセル神戸U-18
セレッソ大阪U-18 0-3(前半0-2、後半0-1)ガンバ大阪ユース
サンフレッチェF.Cユース 3-1(前半2-0、後半1-1)京都サンガF.C. U-18
ジュビロ磐田U-18 1-1(前半1-1、後半0-0)名古屋グランパスU-18

ヴィッセル神戸U-18(兵庫)をホームに迎えた大津高校(熊本)は、MF川口敦史選手(#7)が決めたPKを守り切り、今季初勝利を掴みました。セレッソ大阪U-18(大阪)とガンバ大阪ユース(大阪)の大阪ダービーはFW坂本一彩選手(#9)の先制点を皮切りに3点を奪ったG大阪が快勝しています。サンフレッチェ広島F.C.ユース(広島)は開幕戦で3点を奪った攻撃陣が今節も活躍。MF高柳英二郎選手(#9)の2試合連続2ゴールなどで京都サンガF.C. U-18(京都)を3-1で下し、連勝を達成しました。ジュビロ磐田U-18(静岡)と名古屋グランパスU-18(愛知)はFW西村日陽選手(#10)のゴールで磐田が先制するも、CKからDF吉田温紀選手(#4)がヘディング弾を決めて引き分けとなりました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー