JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

日本文理大学(12年ぶり6回目)

日本文理大学

チームからのコメント

昨年度は九州一部リーグで創部以来初の優勝を飾り、インカレに出場することができました。今年のチームスローガンは"共創進"で、共に競争し、共に進み、共に歴史を創っていくという意味が込められています。部活動以外でも、本校の教育理念である産学一致、人間力育成、社会・地域貢献にのっとり、人としても成長することができます。天皇杯では、一戦でも多く戦えるよう結果にこだわり続けます。応援よろしくお願い致します。

チーム紹介

日本文理大は過去3年連続で決勝に駒を進めながら涙をのんできた。それだけに念願の本大会出場を果たし、士気は高い。
持ち味の堅守速攻にパスワークが加わり、昨年度の九州大学サッカーリーグ1部で初優勝した。大分トリニータU―18出身のGK清水羅偉主将(4年)、DF竹内悠力(2年)ら守備陣は同リーグ11試合7失点と堅い。攻撃は両足から高精度のパスを出せるMF村松凌(4年)を軸に、ボールをつないで好機を築く。セットプレーや長いボールも織り交ぜて局面打開するなど戦術は多彩だ。
初戦の相手はJ3熊本(熊本県代表)。2017年の監督就任後初めて全日本選手権に臨む西野晃平監督は「相手のスピードにうまく対応することが重要」と警戒を強める。清水主将は「Jチームと対戦できることに胸が高ぶっている。経験をするのではない。もちろん勝ちに行く」と誓った。

(大分合同新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー