JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

福岡大学(2年連続34回目)

福岡大学

チームからのコメント

私たちは、これまで総理大臣杯優勝1回、準優勝2回。全日本インカレ準優勝3回の実績を持ちます。また、79名のJリーガーを輩出し、5名のA代表選手も輩出しています。天皇杯にも34回出場し、最多出場回数を誇っています。またJ1大宮、J2水戸、J3北九州を倒した実績もあり、伝統的に格上を倒すジャイアントキリングを得意とする粘り強さとダイナミックなサッカーが持ち味です。一戦一戦を我慢強く戦い抜き、J1と対戦できる3回戦進出を目標に全力でハードワークします。

チーム紹介

福岡県予選決勝では後半3ゴールで九州共立大を突き放し、2年連続出場を決めた。Jリーグでプレ-していた選手が中心となっていた昨年と違い今年はチーム力で勝負する。コロナ禍や主力の故障などでメンバーがそろわず「ポジションもシステムもまだ固まっていない。試合で勝ちながら作っていくしかない」と乾真寛監督は未完成のチームの整備を進める。
DF陣は下級生が多いため、前チームからのレギュラーで経験のあるボランチのMF田中純平が守備をまとめる。途中出場して後半4点目を決めたFW鶴野怜樹はスピードがあり抜群の突破力を誇る。DF岡田大和の左サイドからの攻撃も大きな武器になる。
下級生が多いチームだけに荒削りな部分もあるが「サイズやスピードで可能性のある選手は多い。経験を積んでいくだけ」と乾監督は成長に期待し、J1チームとの対戦を目標に強化を進める。

(西日本新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー