JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

FC今治(3年ぶり11回目)

FC今治

チームからのコメント

1976年創部の「大西サッカークラブ」を起源と、「今越フットボールクラブ」、「愛媛しまなみFC」、「愛媛FCしまなみ」を経て、2012年、運営移管により現チーム名の「FC今治」になる。14年11月、元日本代表監督の岡田武史が代表取締役に就任し、現在はJFLに所属。17年9月にクラブ専用スタジアム『ありがとうサービス.夢スタジアム®』が完成。人々に夢・勇気・希望・感動・笑顔をもたらすことを目指し活動している。

チーム紹介

就任2年目のリュイス・プラナグマ監督が指揮を執る。今年は新たに選手12人を加えて戦力増強したものの、戦術の浸透や連係面が課題。J3ではチャンスをつくるものの決められず、下位に沈む。
愛媛県予選決勝は、元ポルトガル1部のFWバルデマールがハットトリックし、身体能力の高さを見せつけた。パナマ代表として昨年日本代表と対戦したDFオスカル・リントンも打点の高いヘディングで得点。4月半ばにチームに合流し、反撃の起爆剤として期待がかかる2人が、初先発で躍動して弾みを付けた。
天皇杯1回戦の相手はJ2愛媛FC。公式戦での「愛媛ダービー」は、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーに就任した2014年以降、初となる。「すべての試合に勝ちたい」とリュイス監督。大きな注目を集める一戦に士気を高める。

(愛媛新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー