JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

カマタマーレ讃岐(2年ぶり22回目)

カマタマーレ讃岐

チームからのコメント

1956年に高松商高サッカー部のOBによって結成。Jリーグには2014年より参戦しました。チーム名は香川県の名物「かまたまうどん」とイタリア語で海を意味する「マーレ」を組み合わせた造語です。エンブレムは水色と黄色のストライプを基調とし、中央にはうどんの上に卵の黄身をイメージしたサッカーボールが描かれています。「ALL FOR SANUKI 讃岐のために全員で 讃岐のために全力で」。地域密着クラブとして活動しています。

チーム紹介

今季のJ3リーグ戦で開幕5連敗を喫したが、シーズン途中で就任したゼムノビッチ・ズドラブコ監督の采配で初勝利をつかみ、連敗をストップ。続く天皇杯香川県代表決定戦に勝ち、2年ぶり22回目の本大会出場を決めた。
課題は得点力の向上。5連敗のうち4試合は無得点で敗れた。しかし、新体制の下でサイド攻撃やシュートの精度などを改善しており、状態は上向いてきている。
第8節までの4得点は全て、FW中村駿太、DF小松拓幹、MF岩本和希、DF薩川淳貴の4選手によるJ初ゴール。加入1、2年目の若手の活躍がチームを刺激している。
ゼムノビッチ監督は、かつて率いたJ1清水で第81回天皇杯を制し、第80回でも準優勝の経験を持つ。「大好きな大会。讃岐でもできるだけ上に行き、活躍できるように全力で勝負したい」と意欲を示している。

(四国新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー