JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

FCバレイン下関(2年連続2回目)

FCバレイン下関

チームからのコメント

2006年に下関市社会人サッカー連盟の選抜チームとして発足しました。2019年より中国リーグに参戦しています。名称のバレインはフランス語で"くじら"、捕鯨基地として発展した下関のシンボルとして、地域の方々に愛され応援していただけるよう、山口県で2番目のJリーグ参入を目指しています。天皇杯は昨年に引き続きの出場になりますが、ひとつでも多くの試合が出来るよう、チーム一丸となって戦います。

チーム紹介

山口県予選の決勝で過去3度苦杯をなめた徳山大を破って出場権を獲得した。今季から走り込みに注力。相手への素早い寄せが目立ち、終始試合のペースを握った。
県予選では準決勝からの2試合とも無失点と、DF吉沢凜太郎を中心に安定した守りを見せた。攻撃陣は両サイドアタッカーを起点に攻め、FW西田憲誌朗のドリブル突破で、何度もチャンスをつくっていた。福原康太監督代行は「選手の距離感が間延びするところがあり改善の余地がある。しっかり修正したい」と意気込む。
初出場だった前回は初戦の2回戦で、準々決勝まで進んだ福山シティに惜しくも敗れた。今大会の初戦を突破すれば、2回戦はJ1名古屋グランパスと争う。チームは「Jリーグ昇格」を目標に掲げており、主将のMF田原伊織は「観客が面白いと思うサッカーをして、全国にバレインの名をとどろかせたい」と闘志を燃やしている。

(中国新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー