JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

三菱水島FC(2年連続14回目)

三菱水島FC

チームからのコメント

1946年創部。1990年全国社会人初出場。翌年はベスト8。2001年勤労者チームとしての地域貢献活動が認められ、文部科学大臣表彰を受賞しました。2005年から5年間、日本フットボールリーグで活動。脱会後は県リーグを1年経験し、地域リーグへと昇格しました。2016年全国社会人サッカー大会で初優勝。2年連続14度目の出場になります。チームの団結、規律を重んじて感謝の気持ちを忘れず戦いたいと思います。

チーム紹介

ENEOS水島との社会人対決となった岡山県代表決定戦決勝は6-0で快勝。昨季から主力を担うベテランと新加入の若手ががっちりかみ合い、隙のない試合運びを見せた。
攻撃陣を引っ張るのは加入7年目のFW宮沢龍二。得点はもちろん、広い視野と正確なキックで周囲を生かすプレーも兼ね備える。新戦力では元J2岡山で身体能力の高いFW石川隆汰をはじめ、スピードが持ち味のFW岡本典也、展開力が光るMF河面龍征が存在感を発揮。速攻、遅攻と多彩なアタックでゴールに迫る。
守っては安定感抜群の安田拓馬、山部晃のセンターバックコンビに、U-16(16歳以下)年代別日本代表歴を持ち、複数ポジションをこなせる中矢裕貴が加わり、「選手層に厚くなり、相手に応じ柔軟にメンバーを選べる」と菅慎監督。
目指すはJ1名古屋に挑む2回戦進出。攻守の要となるMF中川知也は「岡山が盛り上がるニュースを届けたい」と意気込む。

(山陽新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー