JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

松江シティFC(7年連続8回目)

松江シティFC

チームからのコメント

2011年に前身となるチームから松江シティFCにチーム名を変更し、島根県初のJクラブを目指し発足。2019年から島根県初となるJFLに参入し、3シーズン目を迎えました。県東部の松江市を中心に活動していますが、今年からは県西部の益田市でもリーグ戦を行い、県内全域で応援していただけるチームを目指してます。 また、地域貢献活動や普及活動を積極的に行い県民にとって必要な存在であり続けられるよう活動しています。

チーム紹介

島根県予選決勝は、E-WING出雲(県社会人リーグ)に今年初の公式戦複数得点での勝利。若手選手の活躍も光り、層の厚さを見せつけた勝利だった。
攻撃はチームのスタイルであるボール保持率の高いサッカーで試合の主導権を握る。MF垣根拓也やここまでリーグ(JFL)戦3得点でチームの司令塔を担うMF髙畑智也が果敢にボールにアタックする。
守備では今季加入した対人、空中戦に強いDF宮内真輝や、DFの要を担うDF下村尚文が相手の攻撃の芽を着実に摘み、得意の攻撃スタイルへつなぐ。GK井上亮太も高いセーブ力を誇り、得点を許さない。
今季3季目となる実信憲明監督は「相手がどうこうというより自分たちのサッカーをすることが勝利につながる」とどんな相手でもボール保持率の高い攻撃的なサッカーを貫くことを目指す。今年は大卒選手が多く加入し、チーム内競争も激化。選手のコンディションを見極め最適で試合に臨む。主将の垣根は「どんなに泥臭くてもとにかく勝利する」と気を吐いた。

(山陰中央新報)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー