JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

アルテリーヴォ和歌山(13年連続13回目)

アルテリーヴォ和歌山

チームからのコメント

「Jリーグを目指すチームをつくり和歌山を元気にしたい」という地元有志が集結して創設。チームカラーの緑とアルテリーヴォ和歌山という名称は公募により決定し、2007年にチームが始動しました。和歌山県社会人サッカー連盟の教育リーグをスタートに、毎年着実にカテゴリーを上げ、2012年より現在の関西サッカーリーグ Division1に所属しています。 「スポーツを通じて人々の心を動かし、和歌山に『夢・感動・活力』を提供し続けます」という理念のもと、新たに「For Smile~100年輝く笑顔のために~」をクラブの指針として掲げ、アルテリーヴォ和歌山に関わる全ての皆様と共に戦い抜きます。

チーム紹介

北口雄一監督が掲げる"ハンティングフットボール"を今季も継続する。攻撃時はゴールを狩る、守備時は相手ボールを狩りにいく。指揮官は「守備のプレスは関西リーグでも機能している。攻撃ではサイド攻撃を繰り出しつつ、後方からの組み立てを良くしていきたい」とチームの現在地を説明する。今オフには久保裕一と三浦修が引退。2年続けて複数の主力選手がユニフォームを脱いだが、主将に復帰した大北啓介は「若い選手が加わって運動量は昨年よりも上がった」、就任2年目を迎える北口監督も「チーム全体で声を掛け合って集中力を発揮している」と今年の強みに自信をのぞかせる。
和歌山県大会の決勝は9-0と大勝。FW陣は久保賢悟がハットトリック、門司涼佑と佐々木佳亮もゴールを決めるなど新加入選手が活躍し、昨季の主力だった中西倫也も4アシストを記録している。タイプの異なるFWが2トップの座を競っており「北口監督の掲げるサッカーでゴールを目指したい」(門司)と意欲的だ。
天皇杯は13年連続出場となる一方で、いまだJリーグ勢に勝利できていない。まずは初戦突破に全力を注ぎ、「和歌山県代表として結果をつかみたい」(大北)という悲願を今年こそ達成したい。

(雨堤俊祐)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー