JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

おこしやす京都AC(2年連続5回目)

おこしやす京都AC

チームからのコメント

おこしやす京都ACは「咲かせようスマイル つなげようスポーツで」という理念の下、スポーツを通じて多くの人々を繋げ、笑顔にするクラブを目指します。応援してくださる皆様と喜びを分かち合い、京都の地域コミュニティの発展に貢献していけるよう活動していきます。歴史ある天皇杯に出場できる幸せを選手・スタッフ一同噛みしめながら、株主・スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆様に笑顔を届けられるよう、一戦一戦闘います。皆様の熱いご声援のほどよろしくお願いします。

チーム紹介

京都府予選決勝では2年連続でASラランジャ京都との対戦となり、延長の末に1―0で競り勝った。5回目の出場となる天皇杯で、まずは初の1回戦突破を目指す。
ガーナ出身FWイブラヒムが、身長188センチの体格を生かして攻撃の起点となる。左サイドのMF平石直人はドリブルが鋭い。足元の技術が高いFW林祥太や、長身GK真田幸太ら7人が新たに加入し、選手層は厚くなった。
昨季は関西リーグ1部で4位に終わった。今季は「攻守ともにアグレッシブなサッカー」を掲げ、巻き返しを図っている。豊富な運動量で前線からプレスを掛け、球際での激しさにこだわる。指揮2年目の瀧原直彬監督は「天皇杯は実力を試せるのが楽しみ。自分たちの高い強度に相手を巻き込み、90分間圧倒することを目指す」と意気込む。

(京都新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー