JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

FC岐阜(2年ぶり15回目)

FC岐阜

チームからのコメント

2001年に創設され、地域に密着し、県民に愛されるクラブを目指しています。チーム名はFootball Club岐阜の略で、「子どもたちに夢を!!」「感動を共に!!」をクラブ理念に活動しています。2021シーズンのスローガンは、『 躍動 -Aggressive- 』相手を圧倒する、躍動感あふれる積極果敢な動きと、見る人をワクワクさせるチームプレーで勝利を積み重ねて、J2昇格を果たす決意です。

チーム紹介

岐阜県代表決定戦は「FC岐阜対決」となり、FC岐阜SECOND(東海社会人リーグ2部)を2―0で下した。
J3で2年目となる今季は、J1FC東京でコーチだった安間貴義氏が監督に就任した。基本システムは3―5―2を採用する。センターバックには主将の甲斐健太郎、三ッ田啓希ら180センチ超えの高さある選手がそろい、堅い守りとともにセットプレーからの得点が強みになっている。攻撃は縦に速い攻撃を志向し、積極的に相手の背後を突く。MF川西翔太が高い技術でけん引しているほか、開幕後にはJ1浦和から元日本代表のMF柏木陽介が加入し注目を浴びた。
2回戦ではJ1横浜F・マリノスと顔を合わせる。副主将のMF大西遼太郎は「チームとしても個人としても評価を上げるためにはそういうところで何ができるか。1回戦に勝って(横浜FM戦で)自分の、チームとしての価値を高めたい」と意気込む。

(岐阜新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー