JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

新潟医療福祉大学FC(初出場)

新潟医療福祉大学FC

チームからのコメント

2005年創部。2019年に髙須理稔監督が就任し、現在の体制となりました。アルビレックス新潟とも連携を図り、普段はアルビレックス新潟の練習場に隣接する新潟聖籠スポーツセンターアルビレッジにて練習を行っています。「新潟医療福祉大学FC」としては初出場となる天皇杯で、一戦一戦を大切に、一つでも多くの勝利を掴むことができるように、選手、スタッフが一丸となって戦います。応援よろしくお願いします。

チーム紹介

県大会5連覇中だった新潟医療福祉大のBチームに当たり、Aチーム昇格へ意欲に燃える選手がそろう。格上のAチームとの対戦となった決勝は、気持ちの強さで上回った。球際の強さ、セカンドボールへの反応の早さで、五分五分のボールを回収。攻撃ではこぼれ球を詰めて2得点した。守備では冷静さも見せ、個人技で勝る相手に組織力で対応。無失点に抑えた。同大サッカー部の底上げを目指し、女子のINAC神戸で指揮経験がある高須理稔監督が率いて3年目。「チャンスをつかむのは自分」と高い意識を持たせて練習に励んでいる。ただ、4年生の東城雅也が「決勝はチームで気持ち一つにして戦った」と言うように、個人のアピールに走るのではなく、チームとして力を発揮できるのが特長だ。プロと対戦できる天皇杯は、絶好のアピールの場と意気込む。高須監督は「プロを目指している選手も多い。公式戦で見てもらえるのはありがたい」とし、一つでも上を目指す。

(新潟日報)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー