JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

駒澤大学(3年ぶり14回目)

駒澤大学

チームからのコメント

駒澤大学体育会サッカー部は1931年に創部され、現在Jリーグをはじめとした日本サッカー界において多くの先輩方が活躍されています。今年度は主将猪俣主真を中心に「超越」をスローガンに掲げております。個でもチームでも昨年を越えられるように、という想いのもと、学生らしく日々の練習から全力で取り組んでいます。秋田監督をはじめ、チームを支える全ての人の為に最後まで走り、粘り強く戦います。

チーム紹介

東京都代表を決めるトーナメントの決勝は、今季の関東大学リーグ1部好調の法政大学との熱戦を制した。
粘り強い戦いは、選手たちが口にする「駒沢らしさ」の象徴だ。決勝は2度先行を許す苦しい展開も、そのたびに追いつき、PK戦で勝利。主将のDF猪俣主真は「球際とか走ることとか、戦術じゃないところで勝てれば自分たちの流れになると思っていた」。秋田浩一監督は「自分がどんなプレーヤーで何をすればチームのためになるか、選手たちは理解してきている。際だった選手がいない分、余計にそういうことを徹底している」と明かす。
前線は大型の土信田悠生を軸に、秋田監督が「相手がバテてからの方がパワーを発揮できる」とみるFW宮崎鴻を途中投入するなどして変化を加える。MF荒木駿太は運動量が豊富。
駒大出身選手が所属するJ2相模原との天皇杯1回戦に向け、荒木は「先輩がいるということでみんな燃えている」と意気込む。

(東京新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー