JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
2021/5/22(土)~

チーム紹介

アヴェントゥーラ川口(初出場)

アヴェントゥーラ川口

チームからのコメント

アヴェントゥーラ川口は2008年に法人化し、60万人都市、企業約1万社ある街よりJリーグ入りを目指し活動しております。鋳物から発展していった街で活動出来ている感謝と、熱く、そして地域=クラブとなれる様、これからも努力して参りたいと思っております。プレーでは応援してくださる皆様に少しでも感動して頂ける様、先ずはひた向きに取り組み、感動して頂けるプレーを選手達が沢山見せてくれると期待しております。「明るい未来のために」

チーム紹介

ポルトガル語で冒険を意味する“アヴェントゥーラ”を冠するチームが初めて天皇杯本大会の切符を勝ち取った。「川口からJリーグへ」を合言葉に、2007年創設。翌08年に総合スポーツクラブとして法人化した。
2018年に現主将の小林秀征がJ3長野から加入したタイミングで、チーム強化も加速。筒井剛毅監督は「レベルの高い選手が入ったことで、既存の選手も高い意識で練習に臨むようになった」と躍進の要因を挙げる。
尚美学園大との埼玉県予選決勝では、前半24分にJ1浦和や湘南などでプレーした35歳・中村祐也のヘッドで先制。1―1の後半22分に途中出場の轡田登が右足で決勝点を奪うと、小林、志村駿太のゴールで突き放した。
今季から関東社会人2部リーグにも参戦。小林は「チーム全員が戦い、やるべきことをやっている」と自信を深め、「夢のある大会。向上心や責任感が生まれる経験を若手にさせたい」と意気込む。

(埼玉新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー