JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > FIFAワールドカップカタール2022 TOP > アジア最終予選(Road to Qatar)特設ページ > アジア最終予選(Road to Qatar) [3/29] TOP > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】SAMURAI BLUE、吉田選手の得点でベトナムに引き分けてアジア最終予選2位で終了

ニュース

【Match Report】SAMURAI BLUE、吉田選手の得点でベトナムに引き分けてアジア最終予選2位で終了

2022年03月30日

【Match Report】SAMURAI BLUE、吉田選手の得点でベトナムに引き分けてアジア最終予選2位で終了

FIFAワールドカップカタール2022への出場を決めているSAMURAI BLUE(日本代表)は3月29日(火)、埼玉スタジアム2002にてアジア最終予選の最終戦でベトナム代表と対戦し、吉田麻也選手(サンプドリア)の後半の得点で1-1と引き分けて、グループB2位で本大会への戦いを終了しました。4月1日(金)には本大会の組み合わせを決める抽選会がドーハで行われ、7大会連続で世界に挑む日本の対戦相手が決定します。

日本は本大会出場を決めた前節のオーストラリア戦の先発から9人を変更。前線には上田綺世選手(鹿島アントラーズ)を中央に、右に久保建英選手(RDCマジョルカ)と左に三笘薫選手(ユニオン・サンジロワーズ)を配し、中盤は柴崎岳選手(CDレガネス)をアンカーに、原口元気選手(1.FCウニオン・ベルリン)と旗手怜央選手(セルティック)をインサイドハーフに起用。最終ラインは右から山根視来選手(川崎フロンターレ)、吉田選手、谷口彰悟選手(川崎フロンターレ)、中山雄太選手(PECズヴォレ)が並び、ゴールにはGK川島永嗣選手が構えました。

新しい顔ぶれでの4-3-3システムでスタートしましたが、慣れないメンバーの組み合わせ、かつ、この機会を生かそうと意気込みすぎてのプレーとなり、呼吸が合わずにパスが乱れて相手に取られてカウンターを仕掛けられる場面もありました。

その流れの中で前半19分に失点を許します。グエン・コン・フォン選手の左CKにゴール前でグエン・タイン・ビン選手に頭で合わされて先制されました。

日本は中央を固める相手に手を焼きながら、左サイドの三笘選手や右サイドの久保選手が仕掛けて、旗手選手や原口選手が枠をかすめるシュートを放つ場面も作ります。久保選手は40分には三笘選手のスルーパスに左足を振り、前半終了直前には中山選手のクロスにヘディングで狙いますが、ゴールを割れません。

0-1で前半を折り返し、建て直しを図った日本は、後半開始から伊東純也選手(KRCヘンク)を送り出してシステムを4-2-3-1に変更。右サイドでの仕掛けが増えて、全体の動きが活性化します。

そして54分でした。原口選手のシュートを相手GKが弾いたところに、吉田選手が鋭く反応。右足を合わせてゴールに流し込み、同点に追いつきました。

攻撃にリズムの出た日本は、61分には3人を交代して守田英正選手(CDサンタ・クララ)、田中碧選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、南野拓実選手(リバプールFC)を投入。攻撃の動きが滑らかになり、伊東選手、田中碧選手、上田選手、南野選手らが次々と相手ゴールに迫ります。

そして70分には、田中選手が上田選手のパスにゴール前で合わせて押し込み、ゴールネットを揺らします。しかし、VARチェックで直前にハンドがあったとしてノーゴールの判定に。さらに88分には、上田選手がゴール前でこぼれに反応してゴールに流し込みましたが、これはオフサイドと判定されました。

南野選手や吉田選手もシュートで相手ゴールに迫りましたが、最後まで1点を奪えずに1-1のドローで終了し、連勝は6でストップ。7勝1分2敗の勝点22で昨年9月から始まった最終予選の戦いを終えました。

試合後、コロナ禍での入場制限が撤廃されて44,600人が来場したスタジアムで予選突破報告セレモニーが行われ、ピッチ中央に整列した選手を前に森保一監督と吉田麻也キャプテンがスピーチに立ちました。

森保監督は応援への感謝の言葉とともに、「今日勝てなかったということはワールドカップへもっと力をつけなければいけないということ。皆さんに喜んでいただけるように、結果を出したい」と宣言しました。

吉田選手も「皆さんの前でプレーができて本当に嬉しい。レベルを上げて、またいいプレーを見せられるようにがんばりたい」と話し、さらに「一日も早く戦争のない平和な日が来ること、早くコロナが落ち着いて全ての方々が日常を取り戻すことを願っています」と述べると、サポーターから大きな拍手を受けていました。

なお、他会場では、サウジアラビアがホームでオーストラリアに1-0で勝利して7勝2分1敗で勝点を23とし、勝点1差で日本を上回ってグループ1位で終了しました。

3位が確定していたオーストラリアは4勝3分3敗の勝点15で、グループA3位のUAEと6月7日に行われるプレーオフに進出。勝者が本大会への最後の1枠をかけて南米5位と大陸間プレーオフを戦います。

また、4位は中国に2-0で勝って勝点14としたオマーンで、中国は勝点6で5位、ベトナムは日本戦の引き分けで勝点を4として6位でした。

一方、グループAではイランがレバノンに2-0で勝って8勝1分1敗で1位に返り咲き、前節首位に立った韓国はアウェイでUAEに0-1で敗れ、初黒星を喫して7勝2分1敗で終了。UAEは3勝3分4敗で3位を確定し、アウェイでシリアと1-1で引き分けたイラクは勝点9で4位。シリアは勝点1を得てレバノンは勝点6で並び、得失点差で上回って5位で終え、レバノンが6位でした。

カタール大会は11月21日に開幕し、決勝は12月18日に行われます。

監督・選手コメント

森保一 SAMURI BLUE(日本代表)監督
選手たちが意欲的に試合へ準備してくれて、自分の良さを発揮する部分やチームで機能するという部分で、積極的にプレーしてくれていましたが、互いのプレーのイメージを合わせることができずに難しい状況が続きました。後半になってこれまでスタートで出て、出場時間の長い選手たちが違いを見せてくれたと思います。失点場面は、相手は我々がうまくマークできない陣形を組んでデザインされたものを出したと思います。次へこの反省を生かして対策しなければなりません。もっとチーム全体として、誰が出ても相手に隙をつかれないように、やろうとすることをよりスムースに発揮できるように、選手層の幅を広げられるようにしなければいけないと感じました。今日のスタートの選手たちも、出場機会がないなか、非常に我慢強くがんばってくれていましたが、チームとして機能する点ではむずかしかった。そこは私も含めてコーチングスタッフが準備する時間がないなかでもより絵を合わせていけるようにしたい。6月から親善試合があるので、もう一度選手の幅を広げて底上げをするという部分をやっていきたい。本大会に出場するチームはすべて強豪です。ベスト8以上の結果をつかみ取るには、レベルアップをしてどんな相手と戦っても勝利に結びつけられるように強化をしていきたいと思います。

GK #1 川島永嗣 選手(RCストラスブール/フランス)
予選突破が決まって最後の試合で、連勝が続いていたので後ろとしては無失点で終えたかったですし、ホームで勝ってファンに喜んでもらいたいと思っていました。(失点場面は)いいボールが入って、マークがはっきりつけていなかった。メンバーが大幅に変わって、そういうずれは少なからずあると予測していましたが、相手のチャンスがほとんどない中だったので残念です。もう一度見返して、次へ向けてしっかり対策していかないとなりません。メンバーが大きく変わった時の難しさは分かっていますが、前半なかなかリズムがつかめず、そういう時間ももう少し短くしたかった。突破を決めて安心している時間はありません。今日を含めて試合数は限られているので、相手が変わっても、自分たちがどういうプランでどんな質でプレーするのか、より課題意識を持ってやらないとなりません。残る時間ではっきりさせていかないとならないと思います。

DF #22 吉田麻也 選手(サンプドリア/イタリア)
勝って終わりたかったですし、プレー内容でもゲームの質でも物足りなさを感じています。せっかく来てくれたお客さんにプレーでお返しすると言っておきながら、結果を出せなかったことへ歯がゆさがあります。先発メンバーが大きく入れ替わって、ある程度のミスや連係不足は出ると予想していましたが、それにしても前半は良くなかった。後半は僕らが良くなったというより相手が落ちてきました。続けてきた無失点を破られてしまったことも、2点目3点目のチャンスに自分自身も得点を重ねることができなかったのが悔しいです。得点場面は、インターセプトやオーバーラップでの変化を付けることを狙っていて、GKが弾くのは見ていて分かっていました。停滞している試合にどう変化を加えるかは課題ですし、セットプレーでの守備の確認とセットプレーからの得点をもっと増やさないとならないと改めて感じました。チャンスをつかむ、結果を出すことには、僕も含めてこだわっていかないとなりません。次の6月が最後のサバイバルだと思うので、そこへいい準備をするべきだと思います。

MF/FW #17 田中碧 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
日の丸を背負って戦う以上、ワールドカップ出場の有無に関係なく、誇りと責任をもって戦わなければなりません。どんな相手でも勝てないのは悔しいですし、申し訳ない気持ちです。勝つことを大前提にしたなかで内容を突き詰めないとならないので、今日はすごく悔しい結果になりました。(ノーゴールになったゴール場面は)相手の最終ラインの誰の背後を取るかは常に考えながらやっていて、それがパスで入ってくる形でゴールになりました。形としてはすごく良かったですし、精度としてもすごく良かったと思います。数多くの決定的な場面を作れなかったのは課題ですが、(上田選手の)オフサイドのシーンも僕のハンドのシーンもあって2点は獲れているので、自分と守田選手が入った30分間でやれることはやったと思います。入るときに、動きや立ち位置を示しながら、いろんな選手のやりたいプレーを出させるように心がけていて、それが結果につながらずに残念でした。

MF/FW #21 三笘薫 選手(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)
(90分プレーして)全く自分のプレーには納得していないですし、ゴールに絡むプレーができずセットプレーでの失点で難しいゲームになってしまい、そのあとも攻撃が単調でなかなか崩せず、課題が残る試合でした。今日は数字で結果を残したかったができずに悔しい。ワールドカップの出場が決まっていたところはよかったですが、決まっていなかったら、こういうプレーすると本当に難しくなります。相手がもっと強豪になるとさらに難しくなります。自分は前の選手なのでどれだけチャンスを作るか、ゴールに結びつけるかが課題です。自分の能力もそうですが、いろいろなところを追求していきたい。自分としては強度が全く足りていないので、そこを伸ばさないと世界で勝っていけません。どんな相手も抜いてチャンスを作って、シュートレンジも増やしたい。いろいろなポジションでできる強度とタフさを求めて、ベルギーでやっていきたいと思います。

パク・ハンソ ベトナム代表監督
我々は最悪のチームの状況のなかでプレーして、アジア最強の日本を相手にアウェイで戦うプレッシャーもありましたが、前半失点しなければチャンスがあるのではと思っていました。日本は素晴らしいチームで今日は引き分けましたが、環境やシステムなどいろいろな面でまだまだ日本には追い付かないと思います。ベトナムは1勝1分8敗で良い成績ではなかったですが、ベストを尽くしましたし、意味のある経験でした。最終戦で日本に勝点をあげたことは選手に感謝したい。しかも日本のホームで引き分けたことはベトナム国民にプライドを植え付けたと思うので、その点は嬉しく思っています。

アジア最終予選(Road to Qatar)

2022年3月29日(火) 19:35 キックオフ(予定) vs ベトナム代表
会場:埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー