JFA.jp

JFA.jp

EN
SAMURAI BLUEレポート report

2017.3.24

データでみるアジア最終予選前半戦<ラストパス編>

前半戦5試合で最もラストパスを出している選手は?

UAE戦 タイ戦 イラク戦 オーストラリア戦 サウジアラビア戦
本田圭佑選手 4本 酒井宏樹選手 5本 清武弘嗣選手 4本 香川真司選手 2本 酒井宏樹選手 2本

シュートにつながったパスとして定義づけられるラストパス。UAE代表戦でこのパスが一番多かったのは、本田圭佑選手と香川真司選手の4本。本田選手のゴールをアシストした清武弘嗣選手は3本で、両サイドバックの酒井宏樹選手、酒井高徳も2本ずつを記録した。 タイ代表戦では酒井宏選手が5本でトップ。酒井高選手も3本を記録し、両サイドバックの攻撃参加から、多くのシュートチャンスが生まれたことが分かる。実際に原口元気選手の先制ゴールは酒井宏選手のクロスを頭で合わせたものだ。 イラク代表戦では清武選手の4本が最多。うち1本は、原口選手の先制ゴールのアシストとなった。2位は酒井宏選手と吉田麻也選手の2本だった。シュート6本に終わったオーストラリア代表戦では、香川選手が2本のラストパスを供給。原口選手のゴールを演出したのは本田選手のパスだった。 サウジアラビア代表戦では、原口選手のゴールをアシストした香川選手をはじめ5人が2本ずつラストパスを供給したように、様々なエリアから攻撃を仕掛けられていたことが窺える。

5戦合計での最多ラストパス選手!【香川真司選手:13本】

5試合を通じてラストパスが最も多かったのは13本の香川真司選手。トップ下でのプレー機会が多く、前線と上手く連動しながらシュートチャンスを演出した。2位は11本を記録した酒井宏樹選手。タイ戦でのアシストも含め、果敢なオーバーラップと質の高いクロスは、日本代表に欠かせない武器となっている。3位は9本の清武弘嗣選手、4位は6本の本田圭佑選手となった。

過去2大会でのアジア最終予選で最もラストパスを出している選手は?

パスに次いで、ラストパスでも南アフリカ大会予選のトップは中村俊輔選手。16本のラストパスを供給した。2位は11本の内田篤人選手。3位は9本の長谷部誠選手だった。ブラジル大会予選では、17本の本田圭佑選手がトップに。2位は香川真司選手、遠藤保仁選手、清武弘嗣選手の3人が14本で並んだ。

※データスタジアム株式会社の試合データを元に記事を構成しております

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • MS&AD
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー