JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、最終予選オーストラリア代表戦へ帰国後初練習

ニュース

SAMURAI BLUE、最終予選オーストラリア代表戦へ帰国後初練習

2021年10月10日

SAMURAI BLUE、最終予選オーストラリア代表戦へ帰国後初練習

サウジアラビアから帰国したSAMURAI BLUE(日本代表)は10月9日(土)、2022年のFIFAワールドカップアジア最終予選(Road to Qatar)オーストラリア代表戦を3日後に控えて千葉県内で練習を開始しました。
7日(日本時間8日)にサウジアラビア代表と戦ったジッダから、試合後にチャーター便で移動。約14時間のフライトを経て8日の夜に羽田空港に到着後、ホテルに入ったチームは、試合と長旅の疲れを考慮して、軽めの内容に終始しました。
選手たちは試合に先発したメンバーと、それ以外に分かれて調整。FW大迫勇也選手(ヴィッセル神戸)ら先発組は、ランニングやストレッチなどで体を動かして30分ほどで終了。一方、控えに回った選手たちは1時間ほどピッチで汗を流しました。

FW古橋亨梧選手(セルティック)やMF守田英正選手(CDサンタ・クララ)ら途中出場したメンバーを含めた選手たちは、ランニングやボール回しで体をほぐした後、4人一組でタッチ数の制限や出す方向に変えながらパス練習を実施。上野優作コーチから動きを作ることを意識するように声がかかっていました。
GK陣3人は、ペナルティエリアの3方向から連続して繰り出される球種と角度の違うシュートをシュートブロックに時間を割きました。
その後は出場機会のなかったGK川島永嗣選手(RCストラスブール)とGK谷晃生選手(湘南ベルマーレ)を交えて6対5にフリーマンを加えて、狭いエリアで素早い切替えを意識した対人練習を行いました。
全体練習後は、川島選手、MF伊東純也選手(KRCヘンク)、FWオナイウ阿道選手(トゥールーズFC)、古橋選手が入念にストレッチを行い、MF田中碧選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)やDF中山雄太選手(PECズヴォレ)ら数人は室内で調整を続けていました。
また、先発組のうちDF吉田麻也選手(サンプドリア)、DF冨安健洋選手(アーセナル)、DF長友佑都選手(FC東京)、DF酒井宏樹選手(浦和レッズ)、MF遠藤航選手(VfBシュツットガルト)、MF南野拓実選手(リバプールFC)は、ピッチ脇に残って暫く真剣な表情で話し込んでいました。
日本はグループB2位のサウジアラビアに0-1で敗れて1勝2敗で3位。次に対戦するオーストラリアは3連勝でグループ首位に立ち、2位のサウジアラビアとともに勝点9を上げています。カタール大会出場には上位2位以内が無条件で予選突破となり、3位チームは3位同士でのアジアプレーオフと大陸間プレーオフを経由しなければなりません。
冨安選手はこの日の練習前に、「絶対に勝点3が必要。選手間でたくさん話をして、できる限りすり合わせないといけない」と話していましたが、さっそくそれを実践した形です。浅野選手も「ここからひっくり返すことしか考えていない」と、次の試合へ切り替えています。
サウジアラビア戦では累積警告で出場停止だった伊東選手は、「プレッシャーを感じないわけでもないし責任も感じるが、それを力にできるタイプだと思う。難しい状況になったが、まだチャンスはある。自分が引っ張っていければ」と、強い思いを口にしていました。

チームは12日(火)の埼玉でのオーストラリア戦へ向けて、10日(日)、11日(月)と残りの2日で入念な準備を進めます。

選手コメント

GK 権田修一 選手(清水エスパルス)
サウジアラビア戦は失点をゼロで押さえられなかったことが悔しく、残念です。前半から距離感が良くなかったと思いますし、うちのピンチはボールロストがほとんどで、相手がビルドアップしてきて攻め込まれたのはほとんどなかったと思うので、自信を持ってやればできると思っています。オーストラリアはここまで得点をたくさん獲っていて、自信を持ってくると思いますし、個に特長のある選手が多くて、常に僅差で推移しながら3点目を獲って試合を決めることが多い印象です。あと1点で試合が終わるというところでカウンターをうまく使っています。日本が(今予選で)これまで対戦したチームとタイプがだいぶ違うので、気をつけなくてはいません。DF陣はエラーをせずに自分たちから崩れないこと。結果は出ていませんが、最少失点に抑えられています。より高いレベルでやる必要がありますが、相手のストロングポイントなどを確認しながらやっていければと思っています。

DF 冨安健洋 選手(アーセナル/イングランド)
サウジアラビア戦を落として後がないですし、オーストラリア戦は絶対に勝点3が必要な試合です。またたくさん練習時間があるわけではないですが、選手の間でたくさん話をして、できる限りすり合わせないといけないと思っています。サウジアラビア戦では後半に入ってシンプルなミスが明らかに増えたと、後ろから見ていても感じていましたが、その時間帯で失点してしまいました。守備のところでボランチやサイドハーフに頑張らせすぎたと感じていて、もっとDFラインが負担を請け負わないといけないと思いました。後半はサイドチェンジがないと感じていたので試合中に(チームに)伝えましたし、試合が終わってからも伝えています。そこはより良くなると思います。全員が勝ちたいと思っていますし、全員がワールドカップへ行きたいと思っています。そこの気持ちがまだ結果として表れていません。オーストラリア戦は僕たちの覚悟をチームとして結集させて臨みたいと思います。

MF 伊東純也 選手(KRCヘンク/ベルギー)
サウジアラビア戦には出たい気持ちがあったが、累積警告で出られなかったのでチームの応援や裏方に回って、アップのあとのボールの片づけや声掛けなど、橋岡選手と一緒に率先してやっていこうとしていました。チームとして戦っていたので、結果は非常に悔しい。チャンスは相手にもありましたが、こちらも結構あって、チャンスの数ではあまり変わっていなかったので、そこで点を獲るところが大事だと改めて感じました。自分の特長は、どこが相手でもしっかりと自分の良さを出してチャンスをつくれるところです。次に自分が試合に出たら、まずはチャンスを作ることやアシストの部分が多くなると思いますが、チャンスがあれば(ゴールも)狙っていきたい。最終予選のプレッシャーはありますし、相手も強いというのはありますが、自分たち次第だと思っています。しっかり自分たちの個々の良さを出して戦っていきたい。

MF 浅野拓磨 選手(VfLボーフム/ドイツ)
サウジアラビア戦の前半は体力的にすごくきつい時間帯で、チームのために走ること、体を動かし続けることは意識してやれていましたが、想像したよりも時間が経つにつれて暑さと息苦しさを感じて、相手との駆け引きを常に意識する中で体力を削られていったと思います。運動の量でなく質の部分で、自分の思うようなプレーや相手を怖がらせる動き、どこに走るか、走るタイミングなど全く納得していません。南野選手への1本以外ゴールを脅かすようなクロスはまったく上がっていなかった。そこはこだわって、コンディションももっと上げていかないとなりません。切り替えて100%の準備をするだけです。厳しい状況に置かれているのは間違いないですが、最終予選を90分で考えたらまだ前半も終わっていません。日本代表として持っているものを全力で出し切る、100%でプレーすることができれば、どんな相手にでも結果をつかめると思っています。

アジア最終予選(Road to Qatar)

2021年10月12日(火) 19:10 キックオフ(予定) vs オーストラリア代表
会場:埼玉/埼玉スタジアム2002

大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー