JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE(日本代表)戦でSDGs の取り組みを実施 アジア最終予選(Road to Qatar)【10/12(火)/埼玉スタジアム2002】

ニュース

SAMURAI BLUE(日本代表)戦でSDGs の取り組みを実施 アジア最終予選(Road to Qatar)【10/12(火)/埼玉スタジアム2002】

2021年10月08日

SAMURAI BLUE(日本代表)戦でSDGs の取り組みを実施 アジア最終予選(Road to Qatar)【10/12(火)/埼玉スタジアム2002】

日本サッカー協会(JFA)は、10月12日(火)に埼玉スタジアム2002で開催する「アジア最終予選(Road to Qatar)SAMURAI BLUE(日本代表)対 オーストラリア代表」において、SDGs(持続可能な開発目標)の理念である“誰一人取り残さない”社会を実現するための活動としてセンサリールーム*を設置するほか、試合観戦の機会に恵まれないお子さまを招待するなどの取り組みを実施します。

JFAは「サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する」という理念に基づき、スポーツのさらなる価値の創造を目指しています。サッカーを統括する団体としての社会的責任を踏まえ、誰もがいつでもどこでもサッカーやスポーツを楽しめるための施策や観戦環境の整備、環境への負荷の少ない大会・試合運営、スポーツに関わる全ての人々への情報発信など、社会課題の解決や環境保全の一助となるべく、SDGsに取り組んでいます。

10月12日に実施する取り組みは以下の通りです。

“誰ひとり取り残さず“サッカー観戦を楽しんでいただくための取り組み

センサリールームの設置・観戦サポート

聴覚や視覚など感覚過敏などの特徴のあるお子さんとそのご家族を仮設のセンサリールーム*での観戦にご招待します。強い光や大きな音、人混みなどが苦手な方でも安心してサッカーを観戦することができます。今回のSAMURAI BLUE対オーストラリア戦では、部屋の大きさ等を考慮し、最大で4家族をご招待する予定です。SAMURAI BLUEの試合では初めての実施となります。

(参考)これまでに以下のJFA主催試合でセンサリールームを設置しました。
2021年1月1日 天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会 決勝(東京/国立競技場)
2021年4月11日 なでしこジャパン国際親善試合  vsパナマ女子代表戦(東京/国立競技場)
2021年6月12日  U-24日本代表 国際親善試合 vsジャマイカ代表戦(愛知/豊田スタジアム)

*照度を抑えた照明と大きな音や声などの大音量を遮る遮音が施された部屋で、人混みや大音量を避け、防音ガラス越しにサッカー観戦や映画などを楽しめる。前提には、多数派とは見方や楽しみ方の「方法」が異なるだけで、困りごとがない人たちと同様に「観る」「楽しむ」といった思いは一緒であるとの考え方があり、共生社会の実現を目指すことを目的としている。

試合観戦の機会に恵まれないお子さまをご招待

さまざまな状況により、サッカーに接する機会が十分に得られないお子さまとそのご家族を試合にご招待します。サッカーを通じた貧困家庭への支援を行っているNPO法人「love.fútbol Japan」と協力し、同団体がこれまでに支援したご家庭のうち、今回は東京、埼玉在住者の中から希望者を募ってご招待します。いずれも日本代表戦を初めて観戦される皆さまが来場する予定です。
招待数:40名程度
(参考)love.fútbol Japan https://www.lovefutbol-japan.org/

そのほかSDGsに関連する取り組み

SDGsブースの出展

来場される皆さまにJFAのSDGsの取り組みを紹介し、共に取り組んでいくことを呼びかけるブースを出展(南広場)。
サッカーやスポーツを通じた社会貢献、これまでのJFAのSDGsの取り組みなどの紹介をはじめとした展示を行います。

ペットボトル資源の循環啓蒙・分別回収

SDGsブースと入場ゲート前の飲料入れ替えブースでペットボトルのキャップとラベルを回収。そのキャップで勝利チームを予想し投票をしてもらう取り組みを行います。回収したペットボトルキャップは、リサイクル業者を通じて再資源化・販売され、その売却益は世界の子どもたちにワクチンを届ける取り組みに役立てられます。
日本代表戦の会場では毎回大量にペットボトルが消費、廃棄されますが、正しく分別し回収されることによって何度でも生まれ変わることができる大切な資源です。ペットボトル分別・回収の大切さを伝え、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境に配慮した試合運営

試合運営で必要になる紙資料などをできる限りデータで展開し、廃棄物の削減を目指します。

(参考)JFAの社会貢献の取り組み
https://www.jfa.jp/social_action_programme/football_contribution/

アジア最終予選(Road to Qatar) SAMURAI BLUE(日本代表)対 オーストラリア代表 大会概要

大会名称:アジア最終予選(Road to Qatar)
主催:国際サッカー連盟(FIFA)、アジアサッカー連盟(AFC)、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)
主管:公益財団法人埼玉県サッカー協会
日本代表オフィシャルパートナー:キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社
日本代表オフィシャルサプライヤー:アディダス ジャパン株式会社
日時・会場・対戦:
<日時>2021年10月12日(火) 19:10キックオフ(予定)
<会場>埼玉/埼玉スタジアム2002
<対戦>SAMURAI BLUE(日本代表)対 オーストラリア代表

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー