JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 『JFAnews』1月情報号、本日(1月23日)発売!新年企画「2020年の覚悟」

ニュース

『JFAnews』1月情報号、本日(1月23日)発売!新年企画「2020年の覚悟」

2020年01月23日

『JFAnews』1月情報号、本日(1月23日)発売!新年企画「2020年の覚悟」

2020年も日本サッカー界にとって勝負となる大会が続きます。
SAMURAI BLUE(日本代表)は、3月から再開されるFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選に臨み、U-23日本代表となでしこジャパン(日本女子代表)は7月、今年最大のイベントである東京オリンピックに挑みます。
今年はまた、女子のU-20/U-17、フットサルのワールドカップイヤー。その他の各カテゴリー日本代表もアジアでの熾烈な戦いが待っています。

2020年最初の『JFAnews』は、「2020年の覚悟」と題し、恒例の新年企画を掲載。田嶋幸三JFA会長インタビューをはじめ、SUMURAI BLUEの森保一監督、なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督など各カテゴリー日本代表監督が今年の意気込みを語ります。

特集では、前号の「サッカー施設整備」に引き続き、「サッカー施設とまちづくり」をテーマにした座談会をレポート。JYDグリーンプロジェクトパートナーの株式会社フジタ、JYDサポーターの株式会社日本総合研究所の代表者とグラウンド整備の専門家、Jクラブの代表を迎えて、環境づくりについて活発な意見が交されました。

隔月連載の「私とフットボール」は、18年間、横浜F・マリノス一筋でプレーし、2019シーズンをもって現役を引退した栗原勇蔵さんが登場します。クラブでは3度のJリーグ制覇を経験し、日本代表としても20試合に出場するなど、守備の要として活躍しました。現役最後にリーグ優勝を果たし、感動の引退セレモニーを終えた栗原さんに現在の心境や横浜FMでの貴重な経験、SAMURAI BLUEの一員として戦った思い出などを聞きました。

大会レポートは、過去最高に並ぶ4位となったFIFAビーチワールドカップパラグアイ2019のほか、ヴィッセル神戸が初優勝を成し遂げた天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権など各種大会をレポートするとともに、皇后杯JFA第40回全日本女子サッカー選手権大会全試合の記録を掲載しています。

そのほか、隔月連載の「JFAこころのプロジェクト」、好評連載中の「いつも心にリスペクト」もお見逃しなく。

次号『JFAnews』2月情報号は、2月20日(木)に発行予定。「GKを知ろう(仮題)」を特集します。お楽しみに!

購読のお申し込みはこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー