JFA.jp

JFA.jp

EN

U-24日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-24 2021年 > 最新ニュース一覧 > 「全員がいい準備をするための試合に」 U-24日本代表、スペイン戦に向けて神戸入り

ニュース

「全員がいい準備をするための試合に」 U-24日本代表、スペイン戦に向けて神戸入り

2021年07月14日

「全員がいい準備をするための試合に」 U-24日本代表、スペイン戦に向けて神戸入り

キリンチャレンジカップ2021・ホンジュラス戦の勝利から一夜明け、U-24日本代表は13日(月)、堺市のJ-GREEN堺でトレーニングを行いました。

ホンジュラス戦は、スターティングメンバーとして出場した選手のうち、ほとんどが1ヶ月ぶりの対外試合でした。試合後は「90分できたことがポジティブ」と言い、オリンピックに向けてコンディションをさらに上げる手ごたえを掴んだ様子でした。この日は、前日のスターティングメンバーはジョギングやストレッチなどでリカバリーメニューをこなし、練習後はアイスバスなどで身体のケアに務めました。

途中出場や出場がなかった選手たちはボール回しからパス&コントロール、3対2でGKをつけたシュート練習へと進み、最後はゲーム形式でしっかりと汗を流しました。「いつ何が起こるかわからない。100%で準備する」と瀬古歩夢選手も口にしていました。

J-GREEN堺のドリームキャンプで昼食をとった一行はその後、一路神戸へ。絶好の強化の場となるキリンチャレンジカップ2021・スペイン戦をいい状態で戦い、さらにチームを成熟させるために、兵庫で3日間トレーニングを積んでいきます。キリンチャレンジカップ2021のU-24スペイン代表戦は、17日(土)19:20キックオフです。

選手コメント

DF #3 中山雄太選手(PECズヴォレ/オランダ)
(ホンジュラス戦は)前半は強度も高く、得点も重ねていい形で試合に入れました。ハーフタイムに「2-0が一番危ない展開、失点したら苦しくなる」と声をかけていたにもかかわらず失点してしまいました。課題を自分たちで見つけにいくという意識でもプレーしているので、必ずしもネガティブなことではないのですが、試合運びは今後に活きる課題だと思います。

DF #21 瀬古歩夢選手(セレッソ大阪)
ACLを暑いなかでやってきたので、コンディションはいいです。(U-24スペイン代表は)すごいメンバーで、非常にやりたい気持ちしかないですし、試合に出たいという気持ちをずっと想像しながらトレーニングに励むだけです。ボールポゼッションが上手いチームなので、こちらは組織でしっかりスライドしながら、声をかけあいながらいけば、ボールを握りながらできると思いますし、全員が共通理解を持ってやっていきたいです。こうして(代表の)エンブレムをつけて世界との真剣勝負ができるのは光栄なこと。その分責任感も必然的に生まれます。誰もが思っていることですが、自国開催で、絶対にメダルを獲らないといけない。そのために、どれだけこの期間で成長角度を上げられるか、どれだけ意識高くプレーできるかを考えながら準備していきます。

MF #6 遠藤航選手(VfBシュツットガルト/ドイツ)
(次のスペイン戦は)チームとしては(ホンジュラス戦の)前半のような戦いを90分通してやるのが理想で、いかに続けられるかです。本番は連戦ですし、全員が力になる必要があります。途中から出たメンバーも、出なかったメンバーも含めて、全員がいい準備をするための試合にできるかどうかがすごく大事。スペインは優勝候補になると思うので、腕を試すという要素もあります。大会に向けて、一番はコンディションだと思っています。今しっかり作れているので、それを継続すること、そして細かい戦術的な部分をスペイン戦でもしっかりすり合わせていくことが大事です。リオデジャネイロオリンピックの経験がある分、初戦の入り方などは、リオの時よりはしっかりやれるかなと思います。

MF #16 相馬勇紀選手(名古屋グランパス)
(ホンジュラス戦は)プレッシャーの強度を意識して入りました。(3点目は)前田選手が見えていたので、ヒールを使ってパスができた。堂安選手が自分を信じていいところに走ってきてくれたので、僕はそのスペースに入れるだけでした。6月の活動時から、変なライバル感よりも、選ばれるのは18名だけれどチームとして頑張ろうという雰囲気を感じていました。チームの輪の話をすれば、昨日はサブとして、どういう声がけをしたら集中しながらもいいモチベーションで戦っていけるかを考えていました。同じポジション同士の、例えば三笘選手とも、お互いどっちが出てもタッグでやろうという話をしています。最初に出たら相手が疲れ切るまでプレッシャーをかけて、ヘロヘロになったら代わろう、とか、日頃から話ができています。個々の関係とチームの空気、両方を作っていきたいです。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

2021年7月17日(土) 19:20 キックオフ(予定)vs U-24スペイン代表
会場:兵庫/ノエビアスタジアム神戸

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー