JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

ホーム > 日本代表 > U-22 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表、カタール・UAE遠征3日目活動レポート

ニュース

U-22日本代表、カタール・UAE遠征3日目活動レポート

2015年12月10日

U-22日本代表、カタール・UAE遠征3日目活動レポート

U-22日本代表カタール・UAE遠征3日目は、午前のみ練習を実施。

この日は気温21℃と昨日に比べさらに温かい気候となりました。

ウォーミングアップ、6人組のパス&コントロールに続き、攻撃と守備に別れてのポゼッション練習。そして、6対4+4対6の練習で特に守備の陣形や約束事を入念に確認し、最後は10対10のゲーム形式の練習で試合前日の練習を締めました。

練習後には、AFC U-23選手権初戦の朝鮮民主主義人民共和国戦、第二戦のタイ戦の試合会場であるグランド・ハマド・スタジアムを視察。来年1月13日にこのピッチに立つことをイメージしながら、選手たちはピッチの感触を確認しました。

また夕食後にはこの遠征で初めてのミーティングを実施。先月末の湘南ベルマーレ戦の振り返りをしながら、自分たちの課題や、これからさらに何を高めていきたいかを確認すると共に、心理面での準備についても手倉森監督から選手へ話がありました。

10日はいよいよ最終予選の試金石ともなるU-22イエメン代表戦。16:30(日本時間22:30)キックオフです。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
試合前日ですが、しっかりトレーニングしました。今回の遠征は、単に試合をしに来ているのではなく、来月の最終予選に向けてキャンプをしに来ています。トレーニングもしっかり積んで今よりさらにレベルアップしたいと考えています。今回の遠征では、ゲーム形式の練習でチームの質を上げながらも、ローテーションを組んで選手を休ませながら練習をできています。改めてこの人数で活動を実施できたことが正解だったと感じています。明日の試合では、国際試合の経験を積めていない選手にまず経験を積ませたいです。イエメンも最終予選に駒を進めている相手ですし、最終予選に向けて試金石となる良い相手です。最終予選を控えているチーム同士、互いに現在地を把握できる重要な試合になると思います。

GK 中村航輔 選手(アビスパ福岡)
代表活動期間は限られていますが、短い期間ながらも自分たちのやりたいサッカーを少しずつ理解して、最終予選に向けてここまで良い準備ができたと思います。今回、最終予選と同じスタジアムや練習会場、ホテルを使用していますが、何も知らないで来るよりも少しでも分かった上で最終予選に臨めることはチームにとってプラスになると思います。明日の試合では、GKとして失点せず、チームが勝利することを一番に考え頑張りたいと思います。

DF 岩波拓也 選手(ヴィッセル神戸)
自分が初めてこのチームに合流したのは昨年9月のアジア競技大会でした。そこでイラクと韓国に敗れ悔しい思いをしましたが、そこから色々な試合をしながらチームがまとまってきたと感じています。今回、最終予選と同じ場所で遠征をすることで、移動や時差、ピッチコンディション、気候について事前に確認できることは非常に大事なことですし、この経験を最終予選で活かしていきたいと思います。明日の試合では、まず失点しないこと、流れが悪くなった時にそのムードを自分たちで断ち切れないところがあるので、それをリードすることを意識しています。自分は最終ラインの選手ですので、年齢関係なくリーダーシップをもって取り組みたいと思っています。

MF 中島翔哉 選手(FC東京)
この二年間でメンバーも入れ替わる中で、やりたいサッカーの意思統一はかなりできてきたと思います。チームメイトの特長も理解できてきたので、お互いに良いプレーを引き出すことで一体感も出てきました。この遠征で最終予選と同じピッチやホテルを経験することで、最終予選に入りやすくなりますし、準備に対するイメージがしやすくなりますので、すごく良い活動になっています。いつもと同じように今回の遠征でも、日本に帰るまでにどれだけ成長できるか、ゴール前でどれだけ違いを生み出せるかを意識していきたいと思います。

FW 金森健志 選手(アビスパ福岡)
このチームが立ち上がってから二年、お互いを理解し合いとてもまとまりが出てきたと思いますし、それがピッチの上でも表現できるようになったと思います。今シーズンはクラブとしては良い結果で終わることができましたが、個人としては満足いく結果が残せませんでした。クラブで結果を残して代表に選ばれ続けられるように頑張りたいです。今回の遠征は1月の最終予選に対して素晴らしいシミュレーションになると思います。この折角の機会を無駄にしないよう、時差対策や食事に慣れることなど、この環境でどれだけベストコンディションに持っていけるかを意識して取り組みたいと思います。そして、試合でしっかり勝つことを意識して、自分がチャンスを貰った時には得点しチームの勝利に貢献できるようハードワークしたいと思います。

スケジュール

12月7日(月) PM トレーニング
12月8日(火) AM トレーニング
12月9日(水) AM トレーニング
12月10日(木) 16:30 国際親善試合 vs U-22イエメン代表
@Suheim Bin Hamad Stadium (カタールSCスタジアム)
12月11日(金) PM トレーニング
12月12日(土) AM トレーニング
12月13日(日) 16:30 国際親善試合 vs U-22ウズベキスタン代表
@Theyab Awana Stadium
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー