JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

ホーム > 日本代表 > U-22 2015年 > 国際親善試合 [2015/7/1] > 最新ニュース一覧 > 国際親善試合 U-22コスタリカ代表が来日

ニュース

国際親善試合 U-22コスタリカ代表が来日

2015年06月28日

国際親善試合 U-22コスタリカ代表が来日

7月1日(水)にユアテックスタジアム仙台で開催される国際親善試合でU-22日本代表と対戦するU-22コスタリカ代表が26日、日本に到着しました。来日したチームは長旅の疲れを見せつつも、和やかな雰囲気で、その日はホテルで休養を取り、翌朝来日後初の練習を行いました。

監督・選手コメント

ルイス・フェルナンド・ファジャス・アリアス 監督
日本にはこんなに緑が多いとは思いませんでした。コスタリカに似ていてとても気に入りました。

コスタリカのサッカーはポゼッションを大事にし、攻撃的で速さがあります。この試合は親善試合ですが、私たちにとってはとても重要な試合です。先日のトゥーロン国際大会でレベルの高いサッカーを見せることができました。速くて攻撃的な日本を相手に、同じように高いレベルのサッカーをすることができるかを試したいです。

日本のファンの皆さんには、攻撃的なサッカーを見てもらい、喜んでもらえるようにしたいと思います。

ルイス・セケイラ・ゲレロ 選手
まだ日本に来て時間が経っていませんが、どの建物も素晴らしいと思いました。

それに、日本の人々の対応の良さ、やさしさを感じました。この試合は私たちにとってオリンピックの準備として重要ですし、アジアのチームがどういうものかあまり知らないので良い機会になると思います。ただ、親善試合であってももちろん勝ちにいきます。そしてファンの皆さんにはゴールを見せたいです。

ダリル・パーカー・コルテス 選手
日本に着いたばかりですが、建物やインフラがとても素晴らしいと思いました。日本のサッカーファンの皆さんには、コスタリカが良いサッカーをすることを知ってもらいたいです。そして、スペクタクルな試合を見せたいと思います。

ロナルド・マタリタ・ウラテ 選手
日本はコスタリカと文化や習慣が全く違う国なので、なかなか経験できないことを経験できる良い機会だと思います。コスタリカのサッカーは、以前はもっとシンプルなサッカーをしていましたが、最近はダイナミックでテクニカルなサッカーへと変化してきています。

先日のトゥーロン国際大会では、フランスやオランダ、アメリカを相手に高いレベルのサッカーができ、対等に戦えると感じました。日本は速くて攻撃的なサッカーをしますが、スペクタクルな試合を見せたいです。

国際親善試合 

U-22日本代表 対 U-22コスタリカ代表
2015年7月1日(水) 19:00キックオフ(予定)
宮城/ユアテックスタジアム仙台
チケット販売中!
詳細はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー