JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

ホーム > 日本代表 > U-22 2015年 > 国際親善試合 [2015/7/1] > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 手倉森誠監督が仙台市長を表敬訪問

ニュース

U-22日本代表 手倉森誠監督が仙台市長を表敬訪問

2015年06月26日

U-22日本代表 手倉森誠監督が仙台市長を表敬訪問

U-22日本代表の手倉森誠監督が6月26日(金)、奥山恵美子 仙台市長を表敬訪問しました。

7月1日にユアテックスタジアム仙台で開催する国際親善試合 U-22日本代表対U-22コスタリカ代表戦に伴い、仙台市のさまざまな協力に対する感謝の意を伝えるため、この度仙台市を訪問する運びとなりました。

仙台市役所には報道陣が多数集まり、終始なごやかな雰囲気の会談に。奥山市長のご協力に対し手倉森監督から感謝の意を伝えると、市長からは「たくさんの人が楽しみにしています。」と温かい激励のお言葉をいただきました。

なお、手倉森監督率いるU-22日本代表は、28日より宮城県内でトレーニングキャンプを開始します。

コメント

奥山恵美子 仙台市長
オリンピックという素晴らしいステージに向けて、手倉森監督のホームでもあるここ仙台では期待が高まっています。たくさんの人が楽しみにしています。ユアテックスタジアム仙台で日本代表戦が行われることは素晴らしいことで、地元の夢でもあります。監督として一つのチームを育てながら、なお日本サッカーが将来どうやったら世界と戦えるかというビジョンを発信している監督は、一人二役を務め大変かと思いますが、仙台の地で、選手を燃え上がらせて欲しいです。ぜひ頑張ってください。

手倉森誠 U-22日本代表監督
今回、自分のホームである仙台で試合をするにあたりいろいろなご協力をいただきありがとうございます。今度の試合は、今後の最終予選・本大会に向けたターニングポイントとなる試合です。また、なかなか中南米のチームと試合はできないのですごく重要な試合となります。試合開催を受け入れてくださった仙台市に対し、将来への可能性を示したいと思います。私自身、東北の代表として勇気や感動を伝えたいです。東北の方々は自分にとってのサポーターで、大変心強く思っています。是非、一緒に戦ってください。

国際親善試合 U-22日本代表 対 U-22コスタリカ代表

2015年7月1日(水) 19:00キックオフ(予定)
宮城/ユアテックスタジアム仙台
チケット販売中!
詳細はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー