JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

ホーム > 日本代表 > U-22 2015年 > 国際親善試合 [2015/7/1] > 最新ニュース一覧 > 「何かを成し遂げなければ次はない」~U-22日本代表 国際親善試合(7/1@ユアテックスタジアム仙台) メンバー発表記者会見

ニュース

「何かを成し遂げなければ次はない」~U-22日本代表 国際親善試合(7/1@ユアテックスタジアム仙台) メンバー発表記者会見

2015年06月23日

「何かを成し遂げなければ次はない」~U-22日本代表 国際親善試合(7/1@ユアテックスタジアム仙台) メンバー発表記者会見

リオデジャネイロ・オリンピック出場を目指すU-22日本代表チームの手倉森誠監督は6月22日、JFAハウス(東京都文京区)で記者会見を行い、7月1日に仙台で開催する国際親善試合でU-22コスタリカ代表と対戦する23名のうち21名のメンバーを発表しました。

U-22日本代表の活動は、3月に行われたAFC U-23選手権2016予選(オリンピック1次予選)以来となります。オリンピック1次予選では選ばれなかった選手を半数ほど今回選出したことについて、手倉森監督は「1次予選が終わってから今日まで、所属するクラブでの成長が見られる選手を選出した。この試合で何が表現できるかをテストしたい」と話しました。

また、対戦国のU-22スタリカ代表については、「コスタリカは来年1月の最終予選、またオリンピック本大会に向けても良いシミュレーションができるチーム」と述べ、「戦術面、フィジカル面、メンタル面に優れたチームと対戦した時、日本のチームは何ができるか、可能性を追求する試合にしたい」と意気込みを語りました。

U-22日本代表は6月28日(日)よりトレーニングを開始し、7月1日(水)、ユアテックスタジアム仙台にてU-22コスタリカ代表との国際親善試合(19:00キックオフ予定)に臨みます。

監督コメント

手倉森誠 U-22日本代表監督
コスタリカはメリハリのあるチームで、駆け引きが楽しみです。例え引いて守ってくるサッカーをしたとしても、弱い相手ではありません。南米のチームのしたたかさや罠にはまらないようにしたいと思っています。ゲームに合わせた柔軟性はこのチームで継続して取り組んでいることですし、またハリルホジッチ監督が就任してからのSAMURAI BLUE(日本代表)のような縦への速さはこのチームにおいても継承していきたいです。それが出来なかったときの割り切りとしての戦術も持っておきたいですね。限られたトレーニングの時間ですので、ミーティングでの戦術理解力が大切になってきます。そういった意味でもこれまでこのチームにずっと選ばれてきた選手たちが必要でした。

ただこの試合でのメンバーが全てはありません。Jリーグの試合でのパフォーマンスのほか、このチームで活躍できるかどうかも選手選考の上で大事なポイントです。今回選ばれたメンバーは、ここで何かを成し遂げなければ次はありません。今回この試合に招集されなかった選手たちには、このゲームをしっかり見て、「自分だったらこのチームで何ができるか」をイメージして、「最終予選には絶対絡むんだ」という強い気持ちを持って欲しいと思います。

スケジュール

6月28日(日) PM トレーニング
6月29日(月) PM トレーニング
6月30日(火) PM 公式トレーニング(@ユアテックスタジアム仙台)
7月1日(水) 19:00 国際親善試合   vs. U-22コスタリカ代表(@ユアテックスタジアム仙台)

国際親善試合

2015年7月1日(水) 19:00キックオフ(予定)
U-22 日本代表 vs. U-22コスタリカ代表
宮城/ユアテックスタジアム仙台
チケット情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー