JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2018年 > FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表 実戦を想定した練習とサプライズでチーム力をアップ ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

ニュース

U-17日本女子代表 実戦を想定した練習とサプライズでチーム力をアップ ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

2018年11月04日

U-17日本女子代表 実戦を想定した練習とサプライズでチーム力をアップ ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

U-17日本女子代表はFIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018に臨む直前のトレーニングキャンプを国内で11月1日(木)から開始させ、キャンプ3日目を迎えました。翌4日(日)にはウルグアイに向けて移動を始めるため、この日が国内で最後の活動日となりました。

11月とは思えない強い日差しが注ぐ中、午前はふたば未来学園高等学校の男子サッカー部高校1年生と合同でトレーニングを行いました。対戦する海外チームの高さ、速さ、強さを想定した中でいかに試合を運ぶのか、攻守の両面においてチームで共有すべきポイントが伝えられました。池田太監督代行はピッチに響き渡る大きな声でコンセプトと約束事の浸透を図ります。ふたば未来学園高との練習試合中も、ピッチ上の選手だけでなく、交代に控える選手たちにも状況に応じたポイントを話すなど、貴重な男子とのトレーニング機会を最大限に活用していました。

午前の合同トレーニングでの負荷を考慮し、午後は約1時間の軽めの内容となりました。このキャンプのテーマの一つである「コンディション調整」のため、完全に休むより楽しみながら適度に体を動かして、心身ともにリラックスした状態で長旅に備えます。

移動日である11月4日(日)は善積わらい選手(セレッソ大阪堺レディース)の16回目の誕生日ですが、終日移動となるため、1日早く誕生日を祝いました。食後にそのままミーティングを行うと聞かされていて書記に指名された善積選手がホワイトボードを回すとそこには「HAPPY BIRTHDAY!」の文字と選手・スタッフからのお祝いのメッセージが。このサプライズな演出に驚いた善積選手は、「いい一年のスタートになりました。16歳の一年をいい年にできるよう、このチームでワールドカップ優勝したいです」と話し、いよいよ始まる大会に向けてチームの結束をより一層強くしていました。

U-17日本女子代表は11月4日(日)に日本を発ち、13日(火)の初戦ブラジル戦に向けて大会開催地のウルグアイで準備をスタートさせます。

選手コメント

GK #21 伊藤有里彩 選手(前橋育英高)
ゴールキーパーは1人しか試合に出られませんが、3人のうち誰が出ても応援し合える関係で、ゴールキーパーチームとして3人で一緒に動いているという感じがあります。自分は他の二人に比べてピッチ外でもよく話すのですが、立場としては3番手だと感じていて、周りから見たら何をしゃしゃり出てるんだと思われているかもしれません。でも、たくさんの選手が緊張している中でも明るくできているのはすごいと思ってくれる人が一人でもいるなら、オンでもオフでもチームを盛り上げていきたいです。まずは自分が試合に出場できるように、そしてワールドカップで優勝できるようにがんばります。

DF #14 善積わらい 選手(セレッソ大阪堺レディース)
いよいよワールドカップということで緊張しています。前々回大会、前回大会で先輩たちがいい結果を残しているので、プレッシャーではありますが、そのことも自分たちの力に変えたいですし、自分たちらしいサッカーで世界一を獲りたいです。オンザピッチも、オフザピッチも、一人ひとりが声を出して、全員で大きな目標に向かっていきたいです。

MF #19 森田 美紗希 選手(岡山県作陽高)
この3日間トレーニングしてきましたが、チームの雰囲気も明るく、楽しめています。オフのときはみんなで喋ったりしますし、オンのときは真剣で、ゴールを決めた時にスタッフも一緒に喜んだりして盛り上がっています。ワールドカップが目の前にありますが、チームとしては守備から攻撃に変わったときのパスや、シュートの質を上げることができていければいいと思います。個人としてはもっと攻撃に参加して、守備面でもコミュニケーションを取って連動することで、高くて強い海外の相手にも勝てると思います。

スケジュール

11月1日(木) PM トレーニング
11月2日(金) AM/PM トレーニング
11月3日(土) AM トレーニング
PM トレーニングマッチ
11月5日(月) PM トレーニング
11月6日(火) AM/PM トレーニング
11月7日(水) AM/PM トレーニング
11月8日(木) AM/PM トレーニング
11月9日(金) AM/PM トレーニング
11月10日(土) AM/PM トレーニング
FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018
11月11日(日)~12日(月) AM/PM トレーニング
11月13日(火) 14:00 グループステージ第1戦 対 ブラジル
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月14日(水)~15日(木) AM/PM トレーニング
11月16日(金) 14:00 グループステージ第2戦 対 南アフリカ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月17日(土)~19日(月) AM/PM トレーニング
11月20日(火) 14:00 グループステージ第3戦 対 メキシコ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月21日(水)~23日(金) AM/PM トレーニング
11月24日(土) 17:00 (グループステージ1位突破の場合)
準々決勝(Estadio Profesor Alberto Suppici)
11月25日(日) 16:00 (グループステージ2位突破の場合)
準々決勝(Estadio Charrúa)
11月26日(月)~27日(火) AM/PM トレーニング
11月28日(水) 16:00/19:00 準決勝(Estadio Charrúa)
11月29日(木)~30日(金) AM/PM トレーニング
12月1日(土) 16:00/19:00 3位決定戦/決勝(Estadio Charrúa)

FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018

大会期間:2018年11月13日(火)~12月1日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー