JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2018年 > FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表 「宝物になる1ヶ月」がスタート ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

ニュース

U-17日本女子代表 「宝物になる1ヶ月」がスタート ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

2018年11月02日

U-17日本女子代表 「宝物になる1ヶ月」がスタート ~ FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018

U-17日本女子代表は11月1日(木)、2017年2月に立ち上がったこのチームの最大の目標であるFIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ2018に出場するために集合、国内で3日間のトレーニングキャンプをスタートさせました。

活動初日となったこの日は、招集された21名の選手から皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会に出場する日テレ・メニーナと藤枝順心高校に所属する6名を除いた15名が集合。コンディショニングを主目的に約90分のトレーニングで汗を流しました。

夕食後に行われたミーティングでこの日から指揮を取ることとなった池田太監督代行は、『いよいよワールドカップ。もうU-17日本女子代表「候補」ではない。ワールドカップで「優勝したい」という目標があるなら、それを自ら口に出すことで力に変えよう。宝物になる1ヶ月が始まる」と切り出しました。そして、心身ともにいい状態でウルグアイに向かうために、「コンセプトの確認」「コンディション調整」「リラックス」「コミュニケーション」というこのキャンプの目的をチームで確認し、ピッチ上でもピッチ外でも、狙いを持って活動していこうと話しました。

また、このチームが立ち上げ以来積み上げてきたコンセプトを再度確認。選手に思いつく限りの攻守に渡るチームコンセプトを挙げさせます。ホワイトボードに列挙されたコンセプトは、なでしこジャパンでもU-20日本女子代表でも同様にコンセプトとして掲げているものであることを説明し、ワールドカップだからと言って新しいことに取り組むのではなく、これまで積み上げてきたサッカーにさらに上積みを増やしていこうと話しました。

選手コメント

MF #8 瀧澤千聖 選手(十文字高)
いよいよワールドカップが始まります。私はこのチームで最年長なので、ピッチ外ではいい雰囲気を作って、みんなが常に笑顔で楽しく過ごせるような環境を作りたいと思っています。またピッチの上では、自分は攻撃の選手なので、中盤で自分から仕掛けて、点を取って勝てるようなプレーをしたいです。それと、周りの選手に声をかけ続けて、ピッチ上でも盛り上げたいです。目標にしてきたワールドカップ優勝という結果を残せば多くの人にそのニュースが届くと思いますし、届けられるようにしたいと思います。

MF #15 西野朱音 選手(常盤木学園高)
個人としては初めての世界大会になります。臆することなく自分のプレーを出したいと思います。またチームとしては優勝という目標があるので、それを達成するために、一丸となってやっていければと思います。代表チームはいつも一緒にいるわけではないので、一つになるためにもっとコミュニケーションをとって、全員がチームのために行動するようことが大事だと思います。今までも、これからも、やることは変わらないので、池田監督代行の下でこれまでと同様にやっていくだけだと考えています。

FW #9 神谷千菜 選手(聖カピタニオ高)
いよいよワールドカップということで、とても緊張しています。所属する高校から一人だけ招集されていることもあって、代表チームの活動では毎回緊張します。ワールドカップにはこの緊張をいい緊張に変えて臨みたいと思います。池田監督代行ともいいコミュニケーションを取ってやっていきたいと思います。

スケジュール

11月1日(木) PM トレーニング
11月2日(金) AM/PM トレーニング
11月3日(土) AM トレーニング
PM トレーニングマッチ
11月5日(月) PM トレーニング
11月6日(火) AM/PM トレーニング
11月7日(水) AM/PM トレーニング
11月8日(木) AM/PM トレーニング
11月9日(金) AM/PM トレーニング
11月10日(土) AM/PM トレーニング
FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018
11月11日(日)~12日(月) AM/PM トレーニング
11月13日(火) 14:00 グループステージ第1戦 対 ブラジル
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月14日(水)~15日(木) AM/PM トレーニング
11月16日(金) 14:00 グループステージ第2戦 対 南アフリカ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月17日(土)~19日(月) AM/PM トレーニング
11月20日(火) 14:00 グループステージ第3戦 対 メキシコ
(Estadio Domingo Burgueño Miguel)
11月21日(水)~23日(金) AM/PM トレーニング
11月24日(土) 17:00 (グループステージ1位突破の場合)
準々決勝(Estadio Profesor Alberto Suppici)
11月25日(日) 16:00 (グループステージ2位突破の場合)
準々決勝(Estadio Charrúa)
11月26日(月)~27日(火) AM/PM トレーニング
11月28日(水) 16:00/19:00 準決勝(Estadio Charrúa)
11月29日(木)~30日(金) AM/PM トレーニング
12月1日(土) 16:00/19:00 3位決定戦/決勝(Estadio Charrúa)

FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018

大会期間:2018年11月13日(火)~12月1日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー