JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表、開催国・中国を相手に0-1で敗れる~CFA International Women's Youth Football Tournament 2016 Weifang~

ニュース

U-17日本女子代表、開催国・中国を相手に0-1で敗れる~CFA International Women's Youth Football Tournament 2016 Weifang~

2016年07月15日

U-17日本女子代表、開催国・中国を相手に0-1で敗れる~CFA International Women's Youth Football Tournament 2016 Weifang~

CFA International Women's Youth Tournament 2016 Weifang vs U-17中国女子代表
2016年7月14日(木) キックオフ時間 19:35 試合時間 45分×2
Weifang Olympic Sports Center Stadium(中国/山東省)

U-17中国女子代表 1-0(前半1-0、後半0-0)U-17日本女子代表

得点
42分 Tu Linlyi(U-17中国女子代表)

スターティングメンバー
GK:小暮千晶
DF:冨田実侑、脇阪麗奈、小野奈菜、牛島理子
MF:金勝里央、長野風花、菅野奏音、宝田沙織
FW:遠藤純、植木理子

サブメンバー
GK:水口茉優
DF:高平美憂、船木和夏、宮澤ひなた
MF:唐橋万結、島野美央
FW:松本茉奈加、高橋はな、矢形海優

交代
HT 冨田実侑 → 宮澤ひなた
73分 遠藤純 → 矢形海優
73分 植木理子 → 松本茉奈加

マッチレポート

CFA International Women’s Youth Tournament 2016 Weifangの第2戦、U-17日本女子代表は第1戦から先発メンバーを7人入れ替え試合に挑みました。

現地サポーターの声援が多い中、19:35キックオフ。開始早々10分、植木理子選手がドリブルでゴール前まで持ち込み、シュートするも相手ゴールキーパーにセーブされます。27分には宝田沙織選手から受けたクロスに遠藤純選手が合わせてシュートを放つも、ゴール左へ外れます。すると41分、コーナーキックから失点を喫します。直後の43分、植木選手のパスを受けた長野風花選手がドリブルシュートを放ちますがキーパーの好セーブにあい、前半は0-1で終了します。

後半に入っても日本は攻撃し続けます。53分、ハーフタイムに交代で入った宮澤ひなた選手から右サイドでパスを受けた宝田選手のクロスを植木理子選手が合わせるもゴールキーパー正面。57分、宝田選手からのスルーパスを受けた遠藤純選手がゴールキーパーと1対1になりますが、これも止められます。73分、松本茉奈加選手、矢形海優選手を投入しますが、得点を奪うことができず試合終了。今大会の通算を1勝1敗としています。

最終戦は7月16日(土)現地時間16:00から、U-17 FIFA女子ワールドカップヨルダン2016に出場するニュージーランドと対戦します。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
今大会の開催国である中国との試合は、事実上の決勝戦でした。立ち上がりから日本がゲームを支配していましたが、コーナーキックからの失点で敗れてしまいました。チーム立ち上げ当初から伝え続けている「チャレンジする事」をトライし続け、チャンスも幾度となく作りましたが、最後までゴールを奪うことができませんでした。9月30日に開幕するU-17女子ワールドカップに向け、アウェーの環境、コンディション調整、戦術・戦略など多角的に分析し、今大会の最終戦を戦いたいと思います。

MF #6 金勝里央 選手(浦和レッズレディースユース)
初めて中国と対戦し、改めてフィジカルの強さやスピードの速さを感じることができました。通用すること、通用しないことがわかったので良かったです。ゴールを決めきるところで決めきれないと難しい試合になってしまうので、これからは一つ一つの精度を高め試合に勝てるようにしていかなければならないと思いました。

DF #7 小野奈菜 選手(日テレ・メニーナ)
前半はあまりパスのテンポが上がらなかったり、ゴール前までボールを運んでも思うように試合を進めることができませんでした。後半もシュートまでもっていっても決まらず、0-1で敗れてしまいました。今日感じた課題を明日からの練習で意識して取り組みたいです。次のニュージーランド戦では課題を改善して、良い内容と結果を残せるようにしたいです。

スケジュール

CFA International Women's Youth Football Tournament 2016 Weifang
7月12日(火) 3-1 vs  カナダ(Weifang Olympic Sports Park Stadium)
7月13日(水) AM/PM トレーニング
7月14日(木) 0-1 vs  中国(Weifang Olympic Sports Park Stadium)
7月15日(金) AM/PM トレーニング
7月16日(土) 16:00 vs  ニュージーランド(Weifang Olympic Sports Park Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー