JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 チャイニーズ・タイペイ代表に快勝し、予選を1位で突破

ニュース

フットサル日本代表 チャイニーズ・タイペイ代表に快勝し、予選を1位で突破

2017年11月07日

フットサル日本代表 チャイニーズ・タイペイ代表に快勝し、予選を1位で突破

AFCフットサル選手権2018予選 第3戦 vs フットサルチャイニーズ・タイペイ代表
2017年11月6日(月) キックオフ時間 14:30 試合時間 40分(前後半各20分間)
Bangkok Arena(タイ/バンコク)

フットサル日本代表8-1(前半5-1、後半3-0)フットサルチャイニーズ・タイペイ代表

得点
3分 清水和也(フットサル日本代表)
5分 星翔太(フットサル日本代表)
6分 仁部屋和弘(フットサル日本代表)
8分 失点(フットサルチャイニーズ・タイペイ代表)
13分 星翔太(フットサル日本代表)
15分 仁部屋和弘(フットサル日本代表)
25分 星翔太(フットサル日本代表)
32分 前鈍内マティアスエルナン(フットサル日本代表)
35分 吉川智貴(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:齋藤功一、室田祐希、吉川智貴、清水和也

サブメンバー
GK:矢澤大夢
FP:星翔太、渡邉知晃、皆本晃、前鈍内マティアスエルナン、内村俊太、西谷良介、森岡薫、仁部屋和弘

マッチレポート

AFCフットサル選手権2018予選に出場中のフットサル日本代表は6日(月)、グループステージ最終戦となる第3戦でフットサルチャイニーズ・タイペイ代表と対戦しました。

昨日の試合では、マカオ相手に11得点を挙げて快勝したものの、前半は得点が思うように奪えず、自分たちのリズムを掴みきるまで時間がかかりましたが、この日の日本は前半から確実に得点を奪い、相手にプレッシャーをかけます。まずは前半3分に左サイドでボールを受けた室田祐希選手がドリブル突破し、そのパスを受けた清水和也選手が落ち着いてゴールに流し込み、3試合連続となる先制点を決めます。これでリズムを掴んだ日本は5分に星翔太選手が、6分に仁部屋和弘選手が追加点を奪い、早い時間で3点差をつけ試合の主導権を握ります。

一方のチャイニーズ・タイペイは守備網を敷き、ボール奪取した後の素早いカウンターでチャンスをうかがいます。日本も先発したゴールキーパーの関口優志選手を中心に、集中した守備で失点を防いでいましたが、8分に一瞬の隙を突かれ相手の左サイドからゴールを決められてしまいます。それでもこの日の日本の集中力は変わらず、ポゼッション、守備の強度は落ちずに攻撃を仕掛け続けると、13分には中央でボールを受けた星翔太選手のこの日2点目となるゴールを挙げ、嫌な流れを断ち切ります。さらに15分には森岡薫選手のパスを受けた仁部屋和弘選手が追加点を決め、5-1で前半を折り返します。後半も日本の優勢は変わらず、25分に星翔太選手がこの日ハットトリックとなるゴールを決めると、32分には前鈍内マティアスエルナン選手、35分には吉川智貴選手が決め、終始相手を圧倒し続けた日本が8-1で快勝しました。

前日のマカオ戦で来年行われるAFCフットサル選手権決勝大会の進出をすでに決めていた日本は、この日の勝利で予選を1位で突破しました。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
この大会で、我々の目的であった最短で予選1位突破を決めることができて嬉しく思っています。今日の試合は、日本代表としての力を表現できたと感じています。来年行われるAFCフットサル選手権決勝大会に向けては、日本が自分たちの戻るべき場所にいることが重要です。つまり日本が表彰台に登ることができるように、良い準備を続けていきたいと思います。

FP #5 皆本晃 選手(府中アスレティックFC)
昨日のマカオ戦の良い流れを持ち込んで、立ち上がりから相手に隙を与えず攻守に圧倒することが出来ました。今日のような試合が今後の一つの基準になっていくと感じました。これからAFCの本戦でもっとレベルの上がる相手になった時にも、今日のような強度や集中力で試合が出来ればどんな相手にでも勝てる選手が揃っていると改めて確信しました。2月のAFC本戦でそのことを証明出来るようにしっかり準備していきたいと思います。

FP #10 仁部屋和弘 選手(バサジィ大分)
この大会で3連勝できたことは嬉しいです。試合ごとにチームとして前進していくことも感じ取ることができました。ここから決勝大会に向かい、個人が成長していくためにチームに戻っても精進していきたいと思います。

FP #11 星翔太 選手(バルドラール浦安)
一戦一戦戦いきった結果、3連勝で本大会に出場を決めることができて嬉しいです。出場できなかったイゴール、日本から応援に来てくださった皆さん、そして日本から来られなくても一緒に戦ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。全員でチームとしてのコンセプトを日々積み重ねたことができたからこそ出せた結果だったとも思います。個人的にもチームメイトのお陰で結果を出せました。ここから本大会まで時間があまりないですが、積み重ねたものからさらに上に積み重ねていけるようにプレーしていきたいと思います。

FP #14 西谷良介 選手(名古屋オーシャンズ)
チーム全員で勝ち取った勝利です。3戦目も40分間通して、強度と高い集中力を持続して、戦い抜けた結果だと感じています。しかし、目的は達成できましたが、自分達の目標はここではありません。その目標を達成する為にもっと強くなり、世界と戦えるように時間を大切にしていきたいと思います。応援して頂いた方々、心強かったです。本当にありがとうございました。

スケジュール

AFCフットサル選手権2018予選(東地区)
11月4日(土) 5-1 vs モンゴル(バンコクアリーナ)
11月5日(日) 11-0 vs マカオ(バンコクアリーナ)
11月6日(月) 8-1 vs チャイニーズ・タイペイ(バンコクアリーナ)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー