JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 トレーニングマッチ第2試合目も勝利 ~AFCフットサル選手権2018予選~

ニュース

フットサル日本代表 トレーニングマッチ第2試合目も勝利 ~AFCフットサル選手権2018予選~

2017年11月02日

フットサル日本代表 トレーニングマッチ第2試合目も勝利 ~AFCフットサル選手権2018予選~

トレーニングマッチ vs Highway Department Club
2017年11月1日(水) キックオフ時間 17:00(現地時間) 試合時間 40分(前後半各20分)
Plye-Bang stadium(タイ)

フットサル日本代表 4-0(前半3-0、後半1-0)Highway Department Club

得点
1分 清水和也(フットサル日本代表)
12分 星翔太(フットサル日本代表)
14分 内村俊太(フットサル日本代表)
39分 森岡薫(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:齋藤功一、室田祐希、吉川智貴、清水和也

サブメンバー
GK:ピレス・イゴール
FP:星翔太、渡邉知晃、皆本晃、前鈍内マティアスエルナン、内村俊太、西谷良介、森岡薫、仁部屋和弘

マッチレポート

AFCフットサル選手権2018予選に臨むフットサル日本代表は11月1日(水)、昨日のPort futsal Clubとのトレーニングマッチに続き、現在タイフットサルリーグで8位に位置するHighway Department Clubとトレーニングマッチを実施し、4-0で勝利しました。

試合は、開始早々1分にコーナーキックからのチャンスを活かし、中央で吉川智貴選手からボールを受けた清水和也選手が左足のミドルシュートでゴールネットを揺らし日本が先制し、試合の主導権を握ります。大会前最後のトレーニングマッチということもあり、選手たちもみな集中し、昨日のトレーニングマッチで出た修正点を意識しながらゲームに臨んでいきます。

相手のHighway Department Clubも徐々に自分たちの特徴を活かし、日本の守備網を突破し決定機を作りますが、日本はGKの関口優志選手を中心に体を張った守備で得点の機会を防ぎ、最後の仕事をさせません。

すると12分、日本はまたしてもコーナーキックからボールを回して相手を崩し、西谷良介選手が落としたボールを星翔太選手が右足で押し込み追加点を決めると、14分にも左サイドで起点を作り突破した仁部屋和弘選手からのボールを内村俊太選手がゴール前で合わせ、3-0と突き放し前半を終えます。

後半は互いに譲らず、決定機こそ作り出しますが、なかなか得点が決まりません。それでも最後まで運動量を落とさず相手にプレッシャーを与え続けた日本は、終了直前にセットプレーから森岡薫選手が決め4-0でこの試合に勝利しました。

トレーニングマッチを2連勝し、調整が順調に進むフットサル日本代表は、4日(土)にいよいよ初戦を迎えます。

選手コメント

FP #3 内村俊太 選手(湘南ベルマーレ)
今日は、本大会前最後のトレーニングマッチでした。本番の試合まで残り2日ですが、監督の求める戦術、コンセプトをチーム全体でより高めて試合に臨みたいと思います。

FP #8 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
昨日のトレーニングマッチで出た課題を試合前にチーム全員が共有し、(今日の)試合に挑みました。しっかり修正し、自分たちのペースで試合を運ぶことができました。2日後に控えた東アジア予選をしっかりと勝ち抜き、本戦出場に向け、チーム一丸となり最高の準備をしていきます。

FP #9 森岡薫 選手(ペスカドーラ町田)
トレーニングマッチを無失点で終えることができて良かったです。昨日のトレーニングマッチの課題を修復し、今回の試合にも活かすことができたと思います。ですが、本番は緊張感もありトレーニングマッチとは別なものになります。本番では3連勝をあげるためにも、残りの時間で良い準備をしていきたいと思います。

スケジュール

10月30日(月) PM トレーニング
10月31日(火) AM
5-1
トレーニング
トレーニングマッチ vs Port Futsal Club
11月1日(水) 4-0 トレーニングマッチ vs Highway Department Club
11月2日(木) PM トレーニング
11月3日(金) PM トレーニング
AFCフットサル選手権2018予選(東地区)
11月4日(土) 14:30 vs モンゴル(バンコクアリーナ)
11月5日(日) 17:00 vs マカオ(バンコクアリーナ)
11月6日(月) 14:30 vs チャイニーズ・タイペイ(バンコクアリーナ)
[注]グループ2位になった場合は、決勝大会出場決定プレーオフにまわります。
11月8日(水) 12:00 プレーオフ(バンコクアリーナ)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー