JFA.jp

JFA.jp

EN

サッカーe日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > eスポーツ・サッカー 2021年 > 最新ニュース一覧 > サッカーe日本代表、初の公式戦に臨む!初日を4勝2敗で終える FIFAe Nations Online Qualifier Day1

ニュース

サッカーe日本代表、初の公式戦に臨む!初日を4勝2敗で終える FIFAe Nations Online Qualifier Day1

2021年04月30日

サッカーe日本代表、初の公式戦に臨む!初日を4勝2敗で終える FIFAe Nations Online Qualifier Day1

8月に行われる「FIFAe Nations Cup 2021」への出場をかけたアジア・オセアニア予選「FIFAe Nations Online Qualifier」が4月29日(木・祝)に開幕しました。サッカーe日本代表は大会1日目にグループステージでeオーストラリア代表、eニュージーランド代表、eマレーシア代表に挑みました。

今大会は、e日本代表にとって初の公式戦となります。Jay選手がPlayStation4(PS4)、Agu選手がXbox One(Xbox)で対戦し、Web Nasri選手がアドバイスやコーチングの役割を担いました。対戦は「FUTモード」で行われ、ゲームに登録されている全ての選手を自由に使うことができます。

e日本代表の3人は高円宮記念JFA夢フィールドのスタジオで大会に臨みました。大会直前までトレーニングをする3人のもとに森保一SAMURAI BLUE(日本代表)監督が訪れ、激励する一幕も。森保監督はトレーニングを見学し、「日頃の力を発揮して頑張ってください。同じ日本代表として、一緒にサッカーを盛り上げていきましょう」と語りかけました。

森保監督からのエールを胸に臨んだ初戦は強豪のeオーストラリア代表戦。まずはJay選手がPS4で挑みました。立ち上がりのピンチをしのぐと、17分に先制点を挙げます。直後に追加点を決め、幸先よく2点をリード。その後、2点を返され2-2で前半を終えますが、58分、66分に連続ゴールが決まり、相手を引き離します。終盤に1点を返されましたが、4-3で幸先よく勝利しました。

続いてはAgu選手がXboxで戦います。普段、扱い慣れていないプラットフォームで不安もありましたが、「前日、夢フィールドのスタジオで練習するようになってから調子が上がった」と語るとおり、4分、17分にゴールを決めて主導権を握ります。その後もAgu選手得意のドリブルで相手を翻弄し、後半には3点を追加して5-1で勝利。2試合で6ポイントを獲得しました。

2戦目はeニュージーランド代表戦です。「初戦の勝利で気持ちがほぐれて勢いに乗れた」(Jay選手)こともあり、Jay選手、Agu選手ともに冷静な試合運びを見せました。Jay選手の試合では順調に得点を重ね、4-0で勝利。Agu選手も8分にCKの流れから先制点を挙げるなど常に主導権を握り、3-1で勝利し6ポイントを上積みしました。

初日最後は近年、実力を伸ばしているeマレーシア代表と対戦。Jay選手は相手のハイプレスに苦しみ、この日、初めて先制点を献上します。その後もペースをつかめず、2-4で敗れました。巻き返しを図りたいAgu選手でしたが、こちらも同じように先制点を奪われる展開となり、終盤の追い上げも一歩及ばず3-4で敗れました。

6試合で4勝した日本は勝点12とし、マレーシアに次いで2位につけています。大会2日目の4月30日(金)にはグループステージ最後の試合となるeフィリピン代表戦が行われ、その結果次第でノックアウトステージ進出が決まります。コーチ役のWeb Nasri選手は「相手への対策をしっかりしていきたい」と意気込みを語りました。

選手コメント

Jay(ジェイ) 選手(SCARZ)
大会として初戦が大事でしたし、e日本代表として初の公式戦だったのでプレッシャーはかなりありましたが、うまく力に変えて試合をすることができました。オーストラリア戦は相手が世界大会で結果を残している有名選手だったのですが、ネームバリューに負けず、自分らしいプレーができたことが勝利につながりました。マレーシア戦は前半に3点を奪われたのがもったいなかったですが、戦術を変えた後半に2点取れたので、次に向けての自信にもなりました。2日目のフィリピン戦もマレーシア戦と同じぐらい厳しい戦いになると思いますが、しっかり勝ってAgu選手に繋げたいと思います。

Agu(アグ) 選手(Blue United eFC)
Xboxでプレーし始めたのが1週間ぐらい前で練習時間がなく、なかなか勝てなかったのですが、JFA夢フィールドで練習してから勝てるようになりました。JFA夢フィールドからパワーをもらったのかもしれません。幸先よくスタートが切れましたが、マレーシア戦ではJay選手が負けてしまい、自分が流れを断ち切りたかったのですが、似たような展開でリードされてしまいました。それでも追い詰めることができたので、2日目に向けて一歩前進できたのではないかと思います。今日の試合の反省を生かして次の試合につなげたいと思います。

Web Nasri(ウェブナスリ) 選手(鹿島アントラーズ)
代表の3人で集まって、同じ場所でコーチングし合いながら戦えたのは新鮮でした。オーストラリア戦、ニュージーランド戦は、見ていて安心できる内容でした。最後のマレーシア戦は普段から苦戦する相手だったので難しい試合になりましたが、12ポイント獲得できたのは大きな成果だと思います。コーチ役に求める内容は2人それぞれ異なるので、選手に合わせたコーチングをしようと心掛けました。全体的にうまくいっていると思うので、調子を落とさず、気分を落とさず、引き続き戦っていきたいと思います。まずはグループステージ突破を決め、そこから対戦相手に応じた作戦を考えていきたいと思います。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー