JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2021年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ最終戦、パラグアイ代表に延長の末惜敗

ニュース

【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ最終戦、パラグアイ代表に延長の末惜敗

2021年11月05日

【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ最終戦、パラグアイ代表に延長の末惜敗

日時:2021年11月4日(木)16:00キックオフ(現地時間)
会場:Kite Beach@Dubai

ビーチサッカー日本代表 4(3-3 0-1 1-0 0-2)6 ビーチサッカーパラグアイ代表

【得点経過】
1P 3分 赤熊卓弥(ラソアペーゴ北九州)
1P 4分 失点
1P 6分 茂怜羅オズ(東京ヴェルディBS)
1P 7分 失点
1P 11分 失点
1P 12分 山内悠誠(東京ヴェルディBS)
2P 1分 失点
3P 9分 大場崇晃(レーヴェ横浜)
EX 1分 失点
EX 2分 失点

スターティングメンバー
GK 河合雄介
FP 茂怜羅オズ、大場崇晃、松岡吏、田中颯

サブメンバー
GK 宜野座寛也
FP 山内悠誠、奥山正憲、松尾那緒弥、赤熊卓弥、上里琢文、見山龍之介

マッチレポート

11月4日(木)、アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「インターコンチネンタル ビーチサッカーカップ ドバイ 2021」のグループステージ最終戦が行われました。

ビーチサッカーパラグアイ代表とは、8月にロシアで行われたビーチサッカーワールドカップ以来の再戦となります。

1ピリオド早々、前線からプレッシャーをかけたFP赤熊卓弥選手がボールを奪い幸先よく先制するものの、攻撃の組み立て中、GKへのバックパスを狙われ失点します。

ここ3試合の中ではボールポゼッションも高く試合を進められているものの、効果的な崩しに繋がらない状況が続きます。

また、守備に関してもマークの受け渡しなど意識的に声をかけ取り組めているものの不用意なバックバスを狙われ同点に追いつかれます。その後、FP茂怜羅オズ選手のFKで再度リードするものの、相手GKにシュートを決められ失点、終盤にも失点し、苦しい状況を招いてしまいます。ただ、1ピリオド終盤にはアラに入ったFP山内悠誠選手から赤熊選手へのピヴォ当での得点を奪い、日本チームとしてはしっかりと狙いの崩しをみせ3対3のまま1ピリオドを終了します。

2ピリオドでは、双方なかなか攻撃の決め手を欠く状況で試合が進行されたものの、パラグアイの自陣深くからの豪快なFKを決められ、リードを奪われ3-4で2ピリオドを終了します。

3ピリオドでも膠着状態がつづきましたが、終盤で2対2のポジションからスペースに走り込んだFP大場崇晃選手がジャンピングボレーシュートで同点に追いつき、延長戦に突入しました。

パラグアイも疲れからか攻撃が単調になり、日本チームが優勢に進めるようになっていたものの、再度GKへのバックパスを狙われ失点。最後はドリブルシュートを決められ4-6で試合終了となりました。

この結果、日本は5日(金)から5位-8位決定戦を戦うことになります。

次戦は、開催国アラブ首長国連邦(UAE)との一戦になります。2023年のビーチサッカーワールドカップを目指す上で負けられない相手に結果を求めたいところです。

選手コメント

FP #6 赤熊卓弥 選手(ラソアペーゴ北九州)
今回のインターコンチネンタルカップも優勝を目指してやってきましたが、今日の試合を含めて3連敗してしまい、優勝や上位トーナメントに進出する事ができませんでした。
現地での応援や深夜にも関わらず画面越しに応援して下さっている方々の期待に応えられず、すごく申し訳ない気持ちです。ただ、下位トーナメントではありますが、残り2試合あります。
私自身もここまでなかなか得点を奪えていないので、不本意な状況を打ち破り得点という結果を求めていきたいと思っています。もちろんチームとしても、この大会を有意義なものとするため、3連敗から得たものを見つけ、改善して挑みたいと思います。
そして、残り2試合を勝利し、応援してくれている方々と一緒に喜べるようにがんばります。

FP #15 見山龍之介 選手(東京ヴェルディBS)
まずはグループリーグの3試合において勝てなかった結果を真摯に受け止めたいです。その上で気持ちを切り替えて残りの2試合に臨みたいと思います。今日の試合は相手以上に良いシーンを作ることが出来ましたが、ミスやフリーキックから多くの失点をしてしまいました。自分のミスからも1失点してしまいましたし、悔しい気持ちが大きいというのが正直なところです。しかし落ち込む時間はないと思っています。試合全体を振り返れば良いシーンは沢山作れているので、明日、明後日の試合ではもっと良いシーンを増やして、必ず勝ちたいと思います。
現地のサポーターの皆様や日本から応援して下さる全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。今大会残り2試合、全力で戦いますので、どうぞ応援よろしくお願い致します。

Tecnotree Intercontinental Beach Soccer Cup 2021

大会期間:2021/11/2(火)~2021/11/6(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー