JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2021年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ第2戦目、アジアの強豪イランと対戦 ~インターコンチネンタル ビーチサッカーカップ ドバイ 2021~

ニュース

【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ第2戦目、アジアの強豪イランと対戦 ~インターコンチネンタル ビーチサッカーカップ ドバイ 2021~

2021年11月04日

【Match Report】ビーチサッカー日本代表グループステージ第2戦目、アジアの強豪イランと対戦 ~インターコンチネンタル ビーチサッカーカップ ドバイ 2021~

日時:2021年11月3日(水)20:30キックオフ(現地時間)
会場:Kite Beach@Dubai

ビーチサッカー日本代表 1(0-0 0-2 1-4)6 ビーチサッカーイラン代表

【得点経過】
2P 2分 失点
2P 11分 失点
3P 3分 失点
3P 8分 失点
3P 9分 奥山正憲(レーヴェ横浜)
3P 11分 失点
3P 12分 失点

スターティングメンバー
GK 河合雄介
FP 茂怜羅オズ、大場崇晃、上里琢文、赤熊卓弥

サブメンバー
GK 宜野座寛也
FP 山内悠誠、奥山正憲、松尾那緒弥、見山龍之介、松岡吏、田中颯

マッチレポート

11月3日(水)、アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「インターコンチネンタル ビーチサッカーカップ ドバイ 2021」のグループ第2戦が行われました。直前の試合が長引きキックオフの時間が30分遅れるというアクシデントもありましたが、選手たちは落ち着いて試合に臨みました。

足元の技術が高いGKを擁するビーチサッカーイラン代表に対しては、そこにしっかりとプレッシャーをかけるための守備を意識することを確認し、やや細長いひし形の陣形をつくり、相手GKの前進、またシュートや縦パスを封じることを強く意識しました。前日のロシア戦からの修正もあり、サイドへのパスに関しては、落ち着いてチーム全体がスライドし対応しています。

1ピリオドを0-0で終えて迎えた2ピリオド、日本がキーパースローから3枚目の動きで抜け出そうとしたところのパスミスを奪われ、ショートカウンターをうけて先制点を奪われてしまいます。更に2ピリオド終盤には、1対1でかわされ追加点を奪われて2ピリオドが終了します。

3ピリオドには、GKを効果的に使った相手の攻撃にスライドが間に合わず、さらに追加点を許します。その後FKでも追加点を奪われますが、9分、GKから中央部分のスペースに下りてきた奥山正憲選手(レーヴェ横浜)にパスを通し、きれいな反転からゴールを奪います。しかし、直後のスローイン時にマークが甘くなったところをオーバーヘッドでさらに得点を決められてしまいます。最後は、FKを決められ1-6での敗戦となりました。

11月4日(木)に迎える次戦は、グループステージ最終戦。2019年と2021年のビーチサッカーワールドカップでも対戦したパラグアイ代表との試合になります。

守備側の改善を図りつつも、攻撃側でも意図的に崩した形での得点を演出し、何が何でも勝利が欲しいところです。

選手コメント

FP #2 田中颯 選手(東京ヴェルディBS)
イランは、同じアジアとして絶対に負けてはいけないという認識がチームにありました。立ち上がりからペースを握れず、最後まで自分たちのパフォーマンスを出し切れないまま、敗戦となりました。厳しい結果となりましたが、下を向いている時間はないので、残りの3試合を無駄にせず、現地のサポーターの皆様や、日本から遅い時間にも関わらず応援してくださっている方々に勝利を届けられるように、全身全霊で戦いたいと思います。引き続き応援の程よろしくお願い致します。

FP #7 大場崇晃 選手(レーヴェ横浜)
ロシア戦から2連敗。この結果を真摯に受け止めています。
今大会はワールドカップと違い5日間で5試合という非常にタイトなスケジュールのため、この2連敗の中で得た課題を早急に改善するべく、限られた時間の中で積極的にコミュニケーションをとり、しっかりと修正をかけて次のパラグアイ戦にむけて準備したいと思います。
ここからはチーム戦術はもちろんですが、個々の精神面での準備も非常に大事になってきます。ここ2連戦はボール奪取後に攻め急ぐ場面がかなり多かったので、そこの改善はかなり重要だと感じています。
パラグアイはインテンシティの高いチームですが、それに対して消極的にならずにしっかりと対応しながら、ボールを奪取したら冷静に保持しつつチャンスを作り出して、積極的にゴールを奪いにいきたいと思います。

FP #8 松尾那緒弥 選手(アヴェルダージ熊本BS)
イランとは2019年のアジア予選以来の対戦でした。その時の試合では勝利できましたが、イランは世界トップレベルにある国だと思います。今回の試合は粘り強い守備が出来なかったのかなと思います。試合中に細かく変わる攻撃と守備のやり方に選手全員が対応してやらないといけないと感じました。
自分達のプレーを貫く時と相手に応じてプレーを変える時を判断して色んなバリエーションでプレーしないと常勝チームにはなれないと思います。ワールドカップ後にせっかく頂いた世界大会の機会なので、しっかり成長に変えて残りの試合は全部勝ちたいと思います。

Tecnotree Intercontinental Beach Soccer Cup 2021

大会期間:2021/11/2(火)~2021/11/6(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー