JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ いわきFC U-18との合同トレーニングを実施

ニュース

なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ いわきFC U-18との合同トレーニングを実施

2020年02月17日

なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ いわきFC U-18との合同トレーニングを実施

東京オリンピックに向けて福島県のJヴィレッジで行われているなでしこジャパンのトレーニングキャンプは3日目を迎え、午前と午後の2回トレーニングを行いました。

前日までの季節外れの暖かさから一転、寒空の雨模様となった午前の練習に続き、なんとか天気も持ちこたえた午後の練習では、福島県いわき市に拠点を置くいわきFC U-18の選手たちを招いて合同トレーニングを実施しました。
キック力やスピードなどのフィジカルに勝る海外のチームとの対戦を想定した、なでしこジャパンでは恒例となった男子チームとのトレーニング。試合で想定される局面を再現し、それぞれの局面における対応に取り組みます。
1対1のトレーニングでは、突破しようと向かってくる相手に対し、スピードを吸収して自由にさせないこと、プレーの選択肢を限定して奪うことを意識。アプローチする角度や、最後まで食らいついていける身体の向きや間合いを身体に覚えさせ、予測を持って対応するトレーニングとなりました。
そして次はゴールキーパーを据え、ゴール前の攻守が連続して入れ替わる状況の中で、攻撃の際にはシンプルにゴールに迫ること、守備の場面では切り替えてしっかりと守ることを繰り返し練習しました。2対1、3対2と段階的に人数を増やしていくことでより実戦的な形となる中で、選手たちは互いに大きな声を掛け合いながら対応し、スピード感、臨場感のあるトレーニングとなりました。
その後はゴール前におけるサイドからのクロスの対応を攻守交互に行い、走り込むスピードや接触時の体の強さ、ジャンプしたときの高さといった高校生とのフィジカルの差を埋めて、相手の良さを消してゴールを奪う・ゴールを守るトレーニングを行いました。そして最後は、合宿の冒頭から繰り返し意識付けてきた、ポゼッションやゴール前で足を振り抜くこと、攻守の迅速な切り替えを念頭に置いて9対9のゲームを行い、約1時間半の強度の高いトレーニングを終えました。

なでしこジャパンは、19日(水)まで福島県のJヴィレッジでトレーニングキャンプを行います。

選手コメント

GK 平尾知佳 選手(アルビレックス新潟レディース)
アカデミー福島に通っていたので、震災以来、初めてJヴィレッジに来られたこと、それも夢見ていたなでしこジャパンの合宿として来られたことがとても嬉しいです。中学2年生のときに被災して、そのときに福島の色々な方に出会ったり、お世話になって、その方たちに恩返しができるようにサッカーでなでしこを目指してがんばろうと決意して頑張ってきたからこそ今があるので、福島の人にはとても感謝しています。今回の合宿は、オリンピックを間近に控えていますし、それに向けてこれまで準備してきたので、アピールできるように取り組んでいるところです。私が得意としているのはクロスへの対応なので、それはアピールしていきたいと思いますし、池田選手や山下選手が得意とするプレーも見て学んでいきたいとも思っています。私もいち被災者として震災を体験して、その中で色々な思いを背負って、オリンピックの舞台に立ちたいと思っているので、選ばれるように日々アピールしてその場に立って、世界一になれるように目指していきたいと思います。

DF 清水梨紗 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
全員が意識をもって、良いトレーニングができていると思います。今のチームの課題としては、まだまだ精度を高めたいということもありますし、今日の高校生との練習を通しても、クロスへの対応も課題として残っているのかなと思います。自分自身の課題としては、速い選手と対峙したときの対応だと思っています。目前に控えるアメリカ遠征では、オリンピックに向けて3試合連続でできるというのはとても良い経験になりますし、とても良い相手ですし、昨年悔しい思いをしたので、日本の良さを出してその悔しい思いをぶつけたいと思います。オリンピックに向けてはまずメンバー選考の争いがあって、全員が意識を持って良いコンディションで来ているので、自分もコンディションをあげつつ、自分の良さをもっと出していかなければいけないなと思います。オリンピックまであと150日くらい、自分のできることをすべてやって、良い結果を残せるようにチームに貢献したいです。

MF 中島依美 選手(INAC神戸レオネッサ)
オリンピックは4年に一度ですし、そこに対する思いはすごく強いので、この合宿を意味のあるものにしたいという思いで取り組んでいます。監督が求めるサッカーを選手全員がしっかり理解して、同じ画を描いてやっていけたら良いなと思っています。個人としてはフランスワールドカップが終わってフィジカルの足りなさをすごく感じましたし、自分達が強みとしているサッカーをもっとやれたらと思っているので、今後限られた時間で強化していけたらと思います。また、来月のアメリカ遠征では、オリンピックで戦う可能性のある相手と戦えるということが楽しみでもありますし、自分達がどこまでできるのか確認できる機会でもあるので、やるべきことをしっかりやって課題を全員で共有していきたいです。そして、オリンピックは日本で開催されることで色々な方に注目してもらえる機会ですし、自分たちが良い結果を出して、色々な方になでしこジャパンを知って頂いて、もっともっと盛り上げたいという気持ちです。簡単ではないと思いますが、優勝という目標に向けて全員で戦っていけたらなと考えています。

スケジュール

2月14日(金) 16:00 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
2月15日(土) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
2月16日(日) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
15:30 合同トレーニング(いわきFC U-18) ※一般公開
2月17日(月) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒一般非公開に変更となりました
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒一般非公開に変更となりました
2月18日(火) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒※キャンセル
15:30 合同トレーニング(筑波大学 男子) ※一般公開
2月19日(水) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー