JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ 「特別な年になる」 東京オリンピックに向けて福島で始動

ニュース

なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ 「特別な年になる」 東京オリンピックに向けて福島で始動

2020年02月15日

なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ 「特別な年になる」 東京オリンピックに向けて福島で始動

なでしこジャパン(日本女子代表)は2月14日(金)福島県のJヴィレッジで、東京オリンピックに向けて2020年最初の活動をスタートさせました。

今回招集された選手はなでしこリーグに所属する23名。この時期はリーグ開幕を目指して各クラブが始動したばかりで、昨年12月に韓国で開催されたE-1サッカー選手権大会以来、約2ヶ月ぶりの代表チーム活動ということもあり、選手はフレッシュな表情を見せていました。集合日となったこの日はメディカルチェックに続いて午後にトレーニングを行い、ピッチ中央に選手を集めた高倉麻子監督は「いよいよオリンピックイヤー。特別な年になる。注目度も高いし期待も大きい。自覚を持って、1分1秒を大事にしながらオリンピックに向かおう」と話してスタートしました。

ジョギングとストレッチで体をほぐした後に、YO-YOテストで心拍数を計り、プレシーズンで選手ごとにばらつきのある現在のコンディションを詳しくチェックします。その後もボールを使った軽めのメニューで約1時間体を動かしてこの日は終了となりました。

夕食後に行われたミーティングで高倉監督は、コンディションを上げながらも戦術を積み上げていくという今回の活動の狙いを説明し、オリンピックの18名という限られた枠に対して競争してほしいと話しました。仲間を知り、自らを知り、どの国にも真似できないチームになろうと伝えて初日の活動を締めくくりました。

なでしこジャパンは、19日(水)まで福島県のJヴィレッジでトレーニングキャンプを行います。

選手コメント

DF 三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
Jヴィレッジで活動できることもそうですし、まだリーグが始まっていない中こうして代表の活動期間で皆で集まれるということで、無駄にしてはいけないと思いますし、時間もない中で積み上げていかないといけないという気持ちです。JFAアカデミーで慣れ親しんだ街ですが、以前はもっと明るい街だったと素直に思いますし、なでしこジャパンでここに戻って来られたので、この活動でこの街をもっと明るくしたいという思いはあります。オリンピックは選手の枠も少なく、サバイバルは以前から始まっていますが、メンバーが決まっているわけではないのでアピールしていきたいです。東京オリンピックでは優勝が目標です。2011年のワールドカップ優勝はテレビで見ていましたが、なでしこジャパンの凄さを感じましたし、世間に興味も持ってもらえたので、やはり優勝して結果を残すしかないと思っています。

MF 遠藤純 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
どのピッチでも色々な方が出迎えてくれてやりやすさはありますが、地元の福島での始動ということで特別感はありますし、誇りに思います。チームとしては去年からの課題や積み上げというところで自分が食い込んでいけるようにしたいし、レベルアップした自分を見せたいと思います。オリンピックでは金メダルを取ることが目標ですし、個人としてはまず目の前の課題に取り組んで、結果的にメンバーに選ばれて優勝を目指したいです。

FW 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
オリンピックイヤーということで、本当にいよいよだなと思いますし、まずは楽しみな気持ちです。代表チームとして今後毎月集まりますが、時間が少ない中で、いいものを作り上げていきたいと思います。クラブが始動して2~3週間ですが、それなりに良いコンディションだなと思っています。戦術の積み上げはもちろんですが、オリンピックは18人ということで、選手同士で切磋琢磨しつつも、個々の繋がりであったり、ピッチ内外でいい雰囲気で厳しさを求めてやれたらいいものが得られる合宿になると思います。1日1日を無駄にすることなくしっかり毎日努力して、オリンピックという最高の舞台が目の前にあるので、金メダルを取れるようにがんばります。

スケジュール

2月14日(金) 16:00 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
2月15日(土) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
2月16日(日) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開
15:30 合同トレーニング(いわきFC U-18) ※一般公開
2月17日(月) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒一般非公開に変更となりました
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒一般非公開に変更となりました
2月18日(火) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開⇒※キャンセル
15:30 合同トレーニング(筑波大学 男子) ※一般公開
2月19日(水) 9:30 トレーニング(Jヴィレッジ) ※一般公開

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー