JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 国際親善試合 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン アメリカ戦に向け、試合会場でのトレーニングを実施

ニュース

なでしこジャパン アメリカ戦に向け、試合会場でのトレーニングを実施

2016年06月03日

なでしこジャパン アメリカ戦に向け、試合会場でのトレーニングを実施

なでしこジャパン(日本女子代表)は1日(水)、アメリカ女子代表との国際親善試合を翌日2日(木)に控え、午前と午後の2部練習を行いました。

朝晩は冷え込むトレーニング地・デンバーも、日が差すと初夏の気候に変わります。午前中は暖かい日差しの下、攻撃と守備に分かれてトレーニングを行い、それぞれの役割を確認しました。その後、ゴール前のクロスの攻防を集中的に行いました。

午後は試合が行われるスタジアムに移動し、報道陣に非公開として紅白戦を実施。高倉麻子監督は、「新しいチームの一員として選ばれたことに自信を持って欲しい」と選手たちに伝え、怖がらずにぶつかっていくチャレンジを大切に、全員でチームを作っていく意識を高めました。

アメリカ女子代表との国際親善試合 第1戦は2日(木) 19:30(日本時間3日(金) 10:30)キックオフです。

選手コメント

GK #12 山下杏也加 選手(日テレ・ベレーザ)
チームとして攻撃の自由度が高い分、短い時間の中で方向性を合わせるのは簡単ではないと感じていますが、キーパーとして攻撃につながるパスを一つでも多く出していきたいです。自分たちが求める「日本のサッカー」とは、パス回しと謙虚さだと思います。目標は無失点ですが、例え失点したとしても、その失点を次に繋げていきたいと考えています。

FW #16 岩渕真奈 選手(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
世界でいま、一番のチームと対戦できることが楽しみです。チャンスの数は多くないと思うので、決められるところでしっかり決めることが明日の試合のポイントだと思います。新しいチームになったばかりなので、勝つことができれば何よりです。自分たちはまだまだ倒れていないことを伝えたいです。

FW #9 大儀見優季 選手(1.FFCフランクフルト/ドイツ)
新しい選手たちに経験を伝えていくのが自分の役割で、監督からも求められているので、周りの選手たちをサポートしながら、結果を求めていきたいです。明日の試合は特にセットプレーに気をつけて、新しいチームの最初のスタートにふさわしい試合にしたいです。

スケジュール

5月31日(火) AM/PM トレーニング
6月1日(水) AM/PM トレーニング
6月2日(木) 19:30 国際親善試合
vs アメリカ女子代表(Dick’s Sporting Goods Park)
6月3日(金) PM トレーニング
6月4日(土) AM/PM トレーニング
6月5日(日) 13:00 国際親善試合
vs アメリカ女子代表(FirstEnergy Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー