JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > EASTを制するのは青森山田か清水か…最終戦で勝利をつかむのは 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021

ニュース

EASTを制するのは青森山田か清水か…最終戦で勝利をつかむのは 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021

2021年12月10日

EASTを制するのは青森山田か清水か…最終戦で勝利をつかむのは 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021は、12月11日(土)と12日(日)に延期となっていた8試合を開催します。

EAST

7位の横浜FCユース(神奈川)は、1位の青森山田高校(青森)をホームに迎えての一戦です。前節はFW原大貴選手(#9)が先制点を奪いながら、3失点を許して逆転負け。今季掴んだ6勝のうち4勝を1-0で終えているため、守備の強度が勝敗の鍵を握ります。リーグ2位の得点数を誇る青森山田の攻撃を食い止められるでしょうか。

2位の清水エスパルスユース(静岡)にとって今節は、絶対に負けられない大一番です。清水が勝利し、青森山田が引き分け以下で終われば、逆転優勝を果たします。前期に流通経済大学付属柏高校(千葉)と対戦した際は、FW千葉寛汰選手(#9)とMF金子星太選手(#7)がゴールネットを揺らし、2-1で勝利。今節も攻撃陣の活躍によって、試合を優勢に進めたいところです。

後期に入ってから黒星が先行している浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)は、前節の敗戦により、プリンスリーグ関東への降格が決定しました。9位の市立船橋高校(千葉)と対戦する今節は、苦しい一年の思いを晴らすためにも、白星が欠かせません。キャプテンのMF大野海翔選手(#6)を中心にチーム一丸となって、意地を見せられるか注目です。

FC東京U-18(東京)は、ホームで大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦します。青森山田と対戦した前節は前後半通じてシュート0本に抑えられたため、今節はチャンスの数を増やせるかがポイントとして挙がります。チーム最多の出場時間を誇るMF加藤大地選手(#17)の活躍に期待です。

WEST

ジュビロ磐田U-18(静岡)は大津高校(熊本)と対戦します。後期に入ってから、決定力不足に苦しんでいた磐田ですが、前節は引き分けに終わったものの9試合ぶりとなる複数得点をマーク。けがで苦しんだFW辻颯人選手(#18)に今季初ゴールが生まれたのも朗報です。今節はリーグ最少失点を誇る大津から、ゴールネットを揺らし、有終の美を飾れるか注目です。

京都サンガF.C. U-18(京都)は前節の黒星によって、プリンスリーグ関西への降格が決定しました。連敗を喫した第17節からの2試合は相手を追い掛ける展開を強いられているため、立ち上がりから勢いを持って試合に入れるかが勝敗の鍵を握ります。ガンバ大阪ユース(大阪)をホームに迎える今節は、MF遠山悠希選手(#7)を中心にアグレッシブに先手を狙いにいきます。

前期は黒星が先行したヴィッセル神戸U-18(兵庫)ですが、第16節の名古屋グランパスU-18(愛知)戦からは2勝1分と負けなしを維持しています。3試合で奪った6得点のうち、3得点はMF仁科星哉選手(#8)が絡むなど攻撃陣が調子を上げているのも追い風です。東福岡高校(福岡)と対戦する今節も流れを絶やさず白星を奪いに行きます。

セレッソ大阪U-18(大阪)はサガン鳥栖U-18(佐賀)をホームに迎えての一戦です。11月に入ってから複数得点を続けていたC大阪ですが、前節はサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)の粘り強い守備に手を焼き、無得点。1年の成果を示すためにも、ゴールラッシュでリーグを終えたいところです。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月12日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー