JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 広島が大津を撃破!暫定で首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第5節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

広島が大津を撃破!暫定で首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第5節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年05月03日

広島が大津を撃破!暫定で首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第5節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021WESTは、5月1日(土)に第5節を行い、サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)と大津高校(熊本)が対戦しました。

ピックアップマッチ

サンフレッチェ広島F.Cユース 1-0(前半1-0、後半0-0)大津高校

開幕2連勝を飾りながら、第3節と第4節は引き分けで終わった広島は、FW棚田遼選手(#10)が「ここで1勝しなければいけないとみんながモチベーション高く試合に入れた」と振り返った通り、序盤から気合十分。2分には、コンビネーションから左を崩したDF藤野和樹選手(#8)のクロスボールをFW高柳英二郎選手(#9)が頭で合わせ、幸先の良いスタートを切りました。

以降もDF光廣健利選手(#6)やMF池田柚生選手(#14)を中心としたボール回しで試合の主導権を握りましたが、「プレミアで対戦するのは全て格上のチームばかりなので、守備から入ろうと意識している」(MF森田大智選手/#10)という大津の手堅い守備に苦しみ、ゴール前まで進めません。DFラインの背後を狙っても、「中学時代に所属した古巣ということもあって、人一倍勝ちたい気持ちが強かった」と振り返るDF寺岡潤一郎選手(#5)を中心としたDF陣に跳ね返されました。

それでも焦れずにチャンスを伺い続けると、19分にはMF森夲空斗選手(#11)からのパスを受けた棚田選手がドリブルでペナルティーエリア右へと侵入。「監督からバイタルエリアでボールをもらったら、とにかくシュートを狙えと言われている。自分も積極的に打っていこうと思っていたので、もらった瞬間にシュートを狙っていた」と角度のない位置から打った一撃がゴールネットを揺らしました。

先制点を許した大津ですが、追いかける展開は想定の範囲内。寺岡選手が「チームとして我慢して守って、後半勝負というのは意識していた。失点しても折れずに立て直そうと考えていた」と振り返った通り、後半に入ると攻撃のギアを入れました。50分にカットインからのシュートを放ったDF日髙華杜選手(#3)や、76分にドリブルからゴールを狙ったMF川口敦史選手(#7)が積極的な仕掛けを披露しましたが、光廣選手とGK波多野崇史選手(#1)が中を固める広島の守備に苦しみ、1点が奪えません。

守備の時間が増えた広島は試合終了間際に波多野選手のキャッチから、「今年はボランチの位置から出ていくのを意識している」と話す池田選手がシュートを放つなど、カウンターから2点目を狙うなど強かに試合を進め、今季3勝目をマークしました。この結果、暫定首位に躍り出ました。

監督・選手コメント

高田哲也 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
毎週のゲームをこなすうちに疲労が溜っており、前線でボールが落ち着かず思うように攻撃ができませんでした。もっとサイドを攻略できたとも思いますが、やり切れない印象もありました。後半は相手にボールを持たれる時間が増えましたが、どこで奪うかを明確にし、隙を突いてカウンターを狙っていました。上手くいった場面ばかりではありませんが、こうしたタフなゲームで勝点3を取れるのは、チームが良くなっているからだと思います。

FW #10 棚田遼 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
大津は今季のプレミアで初めて対戦する高体連のチームですが、テクニックがあるチームだと分かっていました。相手の5バックに戸惑いながらも、早い時間帯に点が取れたことで、気持ち的に優位な状況で試合を進められたのが良かったです。後半は攻められる場面が多かったのですが、DFラインとGKが我慢強く守ってくれました。チーム一丸となって勝てた試合だったと思います。ここまで4試合は得点が奪えず、FWとしての仕事ができていないと感じていました。ようやくチームを勝たせる点が取れたので、今日を機にもっと点を取っていきたいです。

山城朋大 監督(大津高校)
いつも後半巻き返す展開が続いていたので、0対1ならいけると思っていました。相手がラインを下げてうちに持たせる守備をしていたので、サイドが深い位置を取るよう意識しました。サイドを広げたところで、最後は中に入れようと考えていましたが、最後まで中は自由にやらせてもらえなかった。押し込んでも良い形でシュートが打てなかったので、サイドに入ってからの関わり方やクロスの質を上げなければ、プレミアで勝ち続けることができないと感じました。

GK #1 佐藤瑠星 選手(大津高校)
前半を0-1で終えるのは許容範囲内で後半に必ず自分たちの時間帯が来るので、そこで点を取って、勝点を積み重ねるのがゲームプランでした。後半は押し込むことができたのは良かったですが、シュートを打たせないことを目標にしているのに、試合全体で見ると相手よりシュートが少なかったのは課題です。我慢強く守りながら点を決めるなど、1つのことだけでなくいろいろなことを追求できるチームでないと勝っていくのは難しいと痛感した試合でした。

その他の試合結果

延期 京都サンガF.C. U-18 vs. サガン鳥栖U-18
延期 ジュビロ磐田U-18 vs. ガンバ大阪ユース
延期 ヴィッセル神戸U-18 vs. 東福岡高校
延期 セレッソ大阪U-18 vs. 名古屋グランパスU-18

残りの4試合は、4都府県に発令された緊急事態宣言を受け、部活動や移動への影響があるため、延期となりました。代替日や第6節以降の試合に関しては、決まり次第お知らせします。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー