JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA > 最新ニュース一覧 > 『JFAnews』4月情報号、本日(4月19日)発売!特集は「審判員のマインド」

ニュース

『JFAnews』4月情報号、本日(4月19日)発売!特集は「審判員のマインド」

2021年04月19日

『JFAnews』4月情報号、本日(4月19日)発売!特集は「審判員のマインド」

『JFAnews』の4月情報号が本日、発売となりました。今号の特集は「審判員のマインド」です。
サッカーの試合を成り立たせるために審判員はなくてはならない存在です。審判員はより良い試合環境をつくるため、そして日本サッカーをより強く魅力的なものにするために、選手や指導者と同様、個々にレベルアップに励み、試合に臨んでいます。

特集の巻頭を飾るのは黛俊行JFA審判委員長です。黛委員長には2021年シーズンの審判委員会の指針や現役審判員に対する期待、これからの審判員の在り方などについて話を聞きました。

「審判員の素顔」と題した企画では、荒木友輔国際審判員、御厨貴文1級審判員、山下良美国際審判員、山岸佐知子S級審判インストラクターが登場し、審判の道に進んだ経緯や日常での取り組み、審判員の魅力などについて語るほか、影山雅永JFAユース育成ダイレクター、先のJFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会を制したFCトリアネーロ町田の若山聖祐監督と、二人の指導者に審判員とのコミュニケーションについて話を聞きました。

また、新シーズンを迎えるにあたり、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)に関し、復習も兼ねて扇谷健司審判副委員長に解説してもらいます。

大会レポートは、3月のSAMURAI BLUE(日本代表)の韓国戦とモンゴル戦、U-24日本代表の「SAISON CARD CUP 2021」のほか、JFA全日本フットサル選手権大会など、国内大会をレポートします。

そして、ビーチサッカー日本代表の茂怜羅オズ監督兼選手の新連載「ビーチサッカーNAVI」(隔月)も今号からスタート。ビーチサッカーファンには必読です。

好評をいただいている「フットボールにできること」では、Jリーグの取り組み「シャレン!」をご紹介します。
隔月連載の「サッカー心育論」「日本サッカータイムスリップ」、連載の「いつも心にリスペクト」もお見逃しなく。

次号の特集テーマは「キッズ年代に最適なゲーム環境を(仮題)」。発行は5月21日(金)の予定です。
どうぞお楽しみに!

購読のお申し込みはこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー