JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表選手紹介vol.7 AFC U-16選手権マレーシア2018

ニュース

U-16日本代表選手紹介vol.7 AFC U-16選手権マレーシア2018

2018年09月19日

U-16日本代表選手紹介vol.7 AFC U-16選手権マレーシア2018

9月20日(木)から10月7日(日)にかけて「AFC U-16選手権マレーシア2018」が開催されます。

予選を勝ち抜いた16チームが4チームずつの4グループに分かれてグループステージを戦い、上位2チームがノックアウトステージに進みます。

AFC U-16選手権マレーシア2018に出場するU-16日本代表を全7回にわたり紹介していきます。

今回は下記4人をご紹介します。

FW #20 唐山翔自(ガンバ大阪ユース)

NISHIKAWA_Jun

大阪府豊中市で活動する寺内スカイサッカークラブの出身で、ガンバ大阪ジュニアへ加入後はガンバ一筋、今年度からユースへ昇格してプレーを続けている。高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグWESTでは1年生ながら背番号9を付けて5試合に出場。2得点を挙げている。G大阪ユースでの背番号が象徴するように、ストライカーらしいストライカータイプで、物怖じすることなくガムシャラにゴールへと向かっていくプレーを武器とする。ゴールから逆算したような動き出しから相手DFを出し抜き、正確なシュートでゴールを射抜く。また味方の動き出しに合わせて巧みにパスを出す器用さも持っている。

DF #21 中野伸哉(サガン鳥栖U-15)

KONDO_Kuraba

今大会唯一の中学生プレーヤーだが、昨年9月のAFC U-16選手権でも3試合中2試合に先発している中心選手の一人だ。中学2年生だった昨年はサガン鳥栖U-15の一員として全日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会と高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の二冠達成に大きく貢献。左サイドバックながら常に攻撃に関わり続けるアグレッシブなプレーぶりを見せた。今年のチームでは攻撃的なMFとしてプレーすることが多いが、U-16日本代表では引き続きサイドバックとして起用されそうだ。小学校時代は佐賀県佐賀市の思斉館FCでプレー。中学からサガン鳥栖のアカデミーへ加入している。

DF #22 田島詳基(清水エスパルスユース)

SASAKI_Masato

昨年9月のAFC U-16選手権予選でもプレーしているチーム結成当初からの常連選手だったが、この大会後に大けがを負ったことが影響して長く戦列を離れていた。しかし見事にカムバックを果たすと、U-16日本代表“02ジャパン”にも、AFC U-16選手権本大会を前にしてメンバーに戻ってきた。小柄ながら読みが良く、鋭く寄せてボールを奪う守備を見せるDF。オーバーラップからのクロスボールで得点機を演出するほか、ポゼッションプレーに関わり、ボールを動かしていく力もある。今大会は右サイドバックでの起用が有力だが、センターバックとしてもプレーできる。父・田島宏晃さんは清水エスパルス、横浜FCなどでプレーした名FW。
*「02ジャパン」:2002年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

GK #23 野澤 大志ブランドン(FC東京U-18)

SASAKI_Masato

沖縄県宜野湾市の長田ドラゴンFC出身で、中学はFC琉球U-15でプレー。高校加入と同時に海を渡り、FC東京U-18へと加入した。昨年9月のAFC U-16選手権予選では惜しくもメンバーから漏れていたが、その後の活躍で本大会のメンバー入りを勝ち取った。高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEASTを戦うFC東京U-18では後半戦開始となる第10節で初の先発出場を果たし、以降3試合連続で先発しており、試合勘の点でも、自信の点でも不安のないメンバー入りとなった。191cmという恵まれた体格を活かしての空中戦、特にハイボールに関しては絶対に先に触る姿勢を見せる。また1対1でも強さを見せる。

 

AFC U-16選手権マレーシア2018

大会期間:2018/9/20(木)~2018/10/7(日)
グループステージ第1戦 vsタイ
2018年9月20日21:45キックオフ(日本時間)
CSテレ朝チャンネル2で生中継
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー