JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAアカデミー TOP > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー熊本宇城、今年の目標を振り返る

ニュース

JFAアカデミー熊本宇城、今年の目標を振り返る

2019年10月07日

JFAアカデミー熊本宇城、今年の目標を振り返る

初秋を迎え、朝夕はだいぶしのぎやすくなってきました。夏休みの活動を地元で過ごした選手たちはアカデミーでの生活に戻り、元気に活動をスタートしています。選手たちはあらためて今年立てた目標を振り返り、自分の現在地を見つめ直しました。

アカデミー生コメント

松尾健太 選手(10期生/中2:アビスパ福岡 U-15所属)
今年の目標は、左足のキックの精度を上げ、ビルドアップに多く関わることができるゴールキーパーになることです。昨年を振り返ると、自分の左側に来たパスを、利き足の右足に持ち替えてプレーすることが多くありました。左足のキックに自信がなくてミスを恐れていたからです。今年の目標を左足のキックの精度を上げることに設定したので、何事にもチャレンジしようと思います。

福富世梛 選手(11期生/中1:鹿児島ユナイテッドFC U-15日置所属)
今年の目標は、努力の継続そして挑戦です。昨年を振り返ると、チームの荷物を運んだり、声を出したり、ピッチで走ることは積極的に努力できたと思います。しかし自宅でテレビを見てしまったり、無駄に時間を使っていたので毎日努力を続けることや、新たなことへの挑戦はできませんでした。僕は今年の目標を、努力の継続と挑戦と設定しました。スペインリーグでプレーし、日本代表で活躍する夢を実現するために頑張ります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

 

  • toto
  • JFAアカデミー福島は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー