JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラムU-14 トレーニングキャンプ前期がスタート
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラムU-14 トレーニングキャンプ前期がスタート

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

2019年06月20日

JFAエリートプログラムU-14 トレーニングキャンプ前期がスタート

JFAエリートプログラムU-14 トレーニングキャンプが6/19(水)、福島県双葉郡で始まりました。
全国から選抜された22名の選手が5日間トレーニングを行うキャンプで、期間中は練習試合やレクチャー等さまざまなプログラムが行われます。初日はあいにく雨でしたが、選手たちは移動の疲れを見せず、積極的にトレーニング励みました。

6/20(木)には同時期に行われているエリートプラグラムU-13フューチャーキャンプの選手たちと、6/22(土) には尚志高校とトレーニングマッチを行う予定です。

コーチ・選手コメント

山橋貴史 ナショナルトレセンコーチ
2019年度最初のエリート活動が本日からJヴィレッジで始まりました。5月に行われたナショナルトレセンU-14から選考された選手22名が参加しています。初日はガイダンスで世界のサッカーの潮流を話し、このキャンプでの活動内容を共有しました。その後、ピッチに出てトレーニングを行い、雨の中での攻防をテーマに攻守にゴールを意識したプレーが見られました。期間中は2試合の練習ゲームを予定しています。近い将来の目標としてU-15日本代表へ選ばれるようなチャレンジを期待しています。

FP #6 松岡涼空 選手(ブラウブリッツ秋田U-15)
仲間とコミュニケーションを取り、自分を最大限に出してチームに貢献したいです。この5日間、一日一日改善を繰り返して自分を磨きたいと思います。足りない所は直し、良かったところはさらに伸ばせるよう残りの期間を過ごします。親とコーチ、スタッフの方々への感謝を忘れずに、一生懸命プレーしていきたいと思います。

FP #15 出間思努 選手(北海道コンサドーレ札幌U-15)
初日の自分より、さらに成長し、チームに戻った時に驚かれるような存在になりたいです。周りの選手がうまく、このキャンプを通して自分の悪いところを見つけ直すチャンスなので、自分のプレーの振り返りと分析をきちんと意識していきたいと思います。コーチ、周りの選手とのコミュニケーションを積極的に行い、オフザピッチでも自分を磨けるように頑張ります。

FP #27 山本虎 選手(青森山田中)
今回のトレーニングキャンプでは、全国からうまい選手が集まっています。自分のもっている100%のちからを出して、自分に足りないものを周りの選手から吸収したいと思います。後悔のないように、積極的にコミュニケーションをとりながら自分のストロングポイントをアピールしていきます。キャンプで指導してくださるスタッフ、関係者の方々の一つ一つの言葉を振り返り、残りのキャンプを精一杯頑張りたいと思います。

スケジュール

6月19日(水) PM トレーニング
6月20日(木) AM トレーニング
PM 練習試合 vs. JFAエリートプログラム フューチャーU-14 
6月21日(金) AM/PM トレーニング
6月22日(土) AM トレーニング
PM 練習試合 vs. 尚志高
6月23日(日) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー