JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SPECIAL > 最新ニュース一覧 > 【なでしこジャパン国際親善試合プレビュー】東京オリンピックへのリスタートとなるカナダ戦

ニュース

【なでしこジャパン国際親善試合プレビュー】東京オリンピックへのリスタートとなるカナダ戦

2019年09月06日

【なでしこジャパン国際親善試合プレビュー】東京オリンピックへのリスタートとなるカナダ戦

なでしこジャパン(日本女子代表)は10月6日(日)、静岡/IAIスタジアム日本平で開催する国際親善試合でカナダ女子代表と対戦する。

ワールドカップでは共に16強

FIFAランキング7位(7月12日発表)のカナダは、FIFA女子ワールドカップフランスでなでしこジャパン(同11位)と同じくベスト16という成績を残した。この大会でなでしこジャパンは出場24チーム中、平均年齢が2番目に若いチームだったが、その次に若いチームがカナダだ。相手のマークをかいくぐるための細かいポジショニングと、時には手数の少ない攻撃を織り交ぜ、オランダ、カメルーン、ニュージーランドとグループEを戦い、2勝1敗の2位でグループステージを突破した。しかし、ラウンド16では、結果的に大会3位となるスウェーデンに0-1で惜しくも敗れた。

長年、カナダのエースとして活躍してきたChristine Sinclair選手は、これまで286試合の国際Aマッチに出場し、182得点を挙げている。先の女子ワールドカップでも全4試合に出場し、オランダから得点を奪った。

なでしこジャパンとカナダの対戦成績は、6勝3分4敗(18得点19失点)で、なでしこジャパンがリードしているが、直近の対戦であるアルガルベカップ2018では、0-2で敗れている。

東京オリンピックへの再スタート

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)に向けて再スタートとなる一戦。ワールドカップで敗退後、初試合を迎えるなでしこジャパンの高倉麻子監督は「(女子ワールドカップで)負けたことによって、今までやってきたことが全てマイナスと考えていない。明らかに成長もしている。あの悔しい思いを共有したことで、みんなが強くなれると思う」と振り返る。

東京オリンピックまで1年を切る中、「やるべきことを一つずつやっていく。残念な女子ワールドカップの結果が布石だったと言えるよう、東京オリンピックではやはり金メダルを取りたいと思う」と話すその過程に、今回の国際親善試合カナダ戦がある。

【動画】高倉麻子監督×日比野真理氏がFIFA 女子ワールドカップ フランス 2019を振り返る(月刊JFATV 2019年8月号「Technical Report」)

一方、東京オリンピックへの出場権を懸けた予選大会を、2020年1~2月に控えるカナダにとっても、重要な一戦となる。

両チームにとって、東京オリンピックに向けたリスタートとなる国際親善試合は、静岡/IAIスタジアム日本平で、10月6日(日)14:30キックオフ(予定)だ。

国際親善試合

なでしこジャパン(日本女子代表)対 カナダ女子代表
開催日時:
2019年10月6日(日) 14:30キックオフ(予定)
会場:静岡/IAIスタジアム日本平

大会情報はこちら

アーカイブ
SPECIAL
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー