JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 社会貢献活動 > 国際交流・アジア貢献活動 > 最新ニュース一覧 > チャイニーズタイペイ コーチ陣、Jリーグなどの指導方法を視察

ニュース

チャイニーズタイペイ コーチ陣、Jリーグなどの指導方法を視察

2016年08月18日

チャイニーズタイペイ コーチ陣、Jリーグなどの指導方法を視察

日本サッカー協会(JFA)が海外派遣中の黒田和生 チャイニーズタイペイ ユース育成統括が率いるチャイニーズタイペイのコーチ14名が7月29日(金)から8月9日(火)、日本のサッカーチームの指導方法を習得するため来日しました。

7月29日(金)~31日(日)の川崎市滞在中は、川崎フロンターレから、同クラブの理念、コーチ育成、地域と協力して行っている活動について講義を受けました。また、等々力陸上競技場で川崎フロンターレU-13の試合、Shonan BMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレ対川崎フロンターレの試合、富士通スタジアム川崎で川崎フロンターレ・キッズリーグを観戦しました。

8月1日(月)、2日(火)は研修場所を甲府市に移し、ヴァンフォーレ甲府による研修を受けました。さらにヴァンフォーレ甲府 U-13の練習、ヴァン+ミズノサマーフェスティバルU-10、山梨学院大学サッカー部の練習を視察。そこで学んだ指導方法をUスポーツクラブに所属する中学生に実践しました。

8月3日(水)~7日(日)は、御殿場市で行われたJFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12(FFP)を訪れ、各都道府県のU-12トレセンチームのウォーミングアップと試合を視察しました。また、6日(土)、7日(日)に行われたJFA公認指導者研修に参加し、コーチングの基礎を日本人指導者と共に学びました。

視察スケジュール

7月29日(金) 来日、川崎フロンターレによる研修
7月30日(土) 川崎フロンターレU-13の試合観戦、湘南ベルマーレ対川崎フロンターレ観戦
7月31日(日) 川崎フロンターレ・キッズリーグの視察、山梨県へ移動
8月1日(月) ヴァンフォーレ甲府による研修、ヴァンフォーレ甲府U-13の練習視察、
ヴァン+ミズノサマーフェスティバルU-10の視察
8月2日(火) 山梨学院大学サッカー部の練習視察、指導実践
8月3日(水) 静岡県へ移動、FFPの試合観戦
8月4日(木)~7日(日) FFPの試合観戦、JFA公認指導者研修
8月8日(月) 日本サッカーミュージアム見学
8月9日(火) 帰国

参加者コメント

Mr.LEE YI-SHENG
この研修に参加して、日本サッカーが急激に成長した大きな理由は、指導者によるものが大きいことがわかりました。Jクラブ、山梨学院大学、FFPから多くの指導法を学びました。ここで学んだ指導法を台湾に持ち帰り、台湾サッカーの成長のために頑張りたいと思います。

Mr.LIU HAN-MING
私は、チャイニーズタイペイサッカー協会のメンバーとして、JFAと我々の協会の組織の差を感じました。JFAは、サッカー関係者へのサポートがすごく充実しているように感じました。私が今回感じたことをチャイニーズタイペイサッカー協会内でシェアし、もっと自国のサッカー関係者へのサポートを充実させたいと思います。

アーカイブ
社会貢献活動
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー