JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

SAMURAI BLUE リフレッシュのはずが大盛り上がり!

2021年05月31日

SAMURAI BLUE リフレッシュのはずが大盛り上がり!

5月30日、SAMURAI BLUEは17時から高円宮記念JFA夢フィールドにてトレーニングを行いました。翌日からU-24日本代表の選手たち(オーバーエイジの3選手含む)はU-24日本代表として活動をするため、このメンバーで行うトレーニングはこの日が最後となりました。このあと4試合を控えているSAMURAI BLUEと2試合を戦うU-24日本代表の日程も考慮して、この日のトレーニングも疲労回復と精神面のリフレッシュを兼ねたメニューとなりました。

ランニング、ウォーミングアップを経て行ったのは齊藤俊秀コーチによるトレーニングメニュー。チームを3つのグループに分けて、ボールリフティングをベースにした課題に3チームが取り組みました。例えば1人ヘディング1タッチで20回ボールをつなぐ、どのグループが一番早く達成できるか、というお題に3チームが取り組み、スピードを競います。リラックスも兼ねてのトレーニングの予定でしたが、そこはどんな小さな勝負にも負けたくない選手たち。メニューをこなす毎にどんどんヒートアップし、白熱した勝負が繰り広げられます。終わったときにはどのチームが総合的に勝利したのかを互いのチームが主張し合う賑やかな時間となりました。

練習が終わる頃には試合を終えたJリーグ所属選手たちがチームに合流。31日からは新しいチーム編成となり、6月の試合に臨みます。

選手コメント

GK 川島永嗣 選手(RCストラスブール/フランス)
GKは素晴らしいプレーとミス、紙一重のポジション。どんな選手でもミスから失点を招くことがあります。ただそれ以上にGKがチームに効果的な存在でいられるかが大切で、それが試合を左右することになります。私もGKとして何ができるか、今も日々模索しています。
チーム内で年長だからこういう振る舞いをしなければいけないとか、経験を積んでいるから背中で見せないといけないと考えたことはありません。私は選手としてピッチに立ち続けたいと思いプレーを続けており、それがチームにとって良い方向に、プラスになるようにと常に考えています。その中でGKのグループの中でその輪を大きくしていけるようにしたいと考えています。

DF 室屋成 選手(ハノーファー96/ドイツ)
ミャンマー戦は前半で試合が決まってしまいましたが、出場して得点に絡むことができてよかったと思います。
ボールを奪ってから縦に早くボールをつなぐことはトレーニングから落とし込んでいるもの、チャンスがあればどんどん前へということは意識していました。日本代表はボールをしっかりと保持できるので、自分のアタッキングサードに顔を出すことができますし、常に相手が嫌がるポジションを取りたいと思っています。
自分の特長、プレースタイルを代表に来ても出し続けることが大事だと考えています。

MF 原口元気 選手(1.FCウニオン・ベルリン/ドイツ)
ミャンマー戦の途中から行った4141システムや3バックなどいくつかのオプションがあると相手に対応することができます。強い相手に対して変化を加えられるのは際どい試合になったときに大事なところですし、そういう細かい部分で勝敗が決まる試合はこれから増えていくと思います。いろいろな選手が出て、いろいろな戦い方ができるようにオプションを増やしていきたいと思っています。
メンバーを固定して戦って連係を成熟させていくという考え方もありますが、サッカーは様々なアクシデントが起きるスポーツ。同じ11人で戦い続けて、突然その選手が出られなくなったときにチーム力がガクッと落ちるチームだと大事なところで勝つことができません。やはり多くの選手が常にスタメン争いをするチームでないと安定した結果を出すことは難しいと思います。

MF 橋本拳人 選手(FCロストフ/ロシア)
ミャンマー戦は試合に入る前にバランスを見て、早い判断でプレーすることを求められました。久しぶりのアンカーのポジションでしたが、違和感なくやれたと思います。中央からの攻撃を選択することが多くなりましたが、そのときにボールを失うとピンチになりやすいので、早い攻守の切り替えをみんなで意識してプレーしました。
常にバランスを意識しながら、チームがうまく機能することを考えながらプレーをしたい。ボールも闇雲に奪いにいくのではなく、周りを動かしながら、スペースを埋めながら奪いにいきたいと考えています。
日本代表でプレーさせてもらうことは光栄に思いますし、責任もあります。自分も覚悟をもってきているので、自分の力を最大限発揮したいと思います。

FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選

2021年6月7日(月) 19:30 キックオフ(予定)vs タジキスタン代表
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田

大会情報はこちら

2021年6月15日(火) 19:25 キックオフ(予定)vs キルギス代表
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田

大会情報はこちら

2021年6月3日(木) 19:30 キックオフ(予定)vs ジャマイカ代表
会場:北海道/札幌ドーム

大会情報はこちら

2021年6月11日(金) 19:25 キックオフ(予定)vs セルビア代表
会場:兵庫/ノエビアスタジアム神戸

大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ
  • FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 特設ページ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー