JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE 約1年ぶりの活動がオランダ・ユトレヒトでスタート

ニュース

SAMURAI BLUE 約1年ぶりの活動がオランダ・ユトレヒトでスタート

2020年10月06日

SAMURAI BLUE 約1年ぶりの活動がオランダ・ユトレヒトでスタート

SAMURAI BLUE(日本代表)は5日(月)、オランダ・ユトレヒトで活動初日のトレーニングを行いました。

今年初旬に突然発生した新型コロナウイルス感染症の世界規模での爆発的な感染拡大の影響で、SAMURAI BLUE も3月、6月、9月の活動を中止していました。今回、感染防止対策のため、他国からの入国を管理する日本を離れ、SAMURAI BLUEは10月9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表とオランダ・ユトレヒトで試合を行います。

この試合に向けて日本国内からは25名のスタッフがオランダに渡航。渡航前にJFA夢フィールドに集まり、SmartAmp法を用いて、コロナウイルスの感染チェックを行い、25名全員が陰性であることを確認した後に、一路オランダへと向かいました。

10月1日のメンバー発表で森保一監督が選出したのは25名、その中で先週末の試合で怪我をした岡崎慎司選手、コンディションを崩した長友佑都選手の2名を除いた23名の選手で今回は2試合を戦うことになります。
活動初日となった5日(月)は所属クラブの試合スケジュールのため、合流が叶わなかった権田修一選手、酒井宏樹選手、安西幸輝選手の3選手を除いた20名の選手がトレーニングに臨みました。

所属クラブで先週末の試合に出場した選手たちは疲労回復を主としたリカバリートレーニングを行い、出場時間が短かった選手、あるいは出場機会の無かった選手たちは約90分間、汗をしっかり流し、カメルーン代表戦に向けた準備がスタートしました。夜には残りの3選手も合流、明日からは全23選手での活動がスタートします。

選手コメント

DF 吉田麻也 選手(サンプドリア)
誰もが待ちに待った代表戦、僕ら選手もファンのみなさんも待ち望んでいた試合だと思います。
僕自身も選出されて嬉しいし、代表として活動できること心の底から嬉しく思います。
ただ、それだけでなく、サッカー日本代表が今回海外で初めて団体スポーツとして活動するということで、いろいろな意味で注目される期間になると思うので、僕らが良い形で成功を収めて少しずつスポーツが本来の姿を取り戻せるようにしていけたらいいと思います。そういう意味では僕たちの責任は今回非常に大きいと思っているので、ピッチ内外で自分たちがやらなければいけないことに集中したい。
日本代表、全体的なベースを上げていかないといけないですが、個々の選手がより高いレベル、ステージでプレーしなければいけません。チームとしては予選を通して戦っていく中でもっとタフにならなければいけないし、もっと国際経験を積まなくてはいけない、厳しい試合をこなして勝ちをもぎ取れるチームにならなければならない。その意味ではこの2試合の相手は強豪ですし、タフな試合になります。活動回数が限られている中でこうした相手とやれる機会を得たのは僕らにとって非常にプラスになると思います。
今回は若くて代表経験の少ない選手が多く入っています。様々なことを伝えるというよりは、入ってきた選手たちが各々感じてほしい。感じ取れる雰囲気をチームに作り出すことが自分に求められていると思っています。求められることより大きくなってきているが、それは理解しています、初日から作っていきたい。
前回の活動からかなり時間が空いていますし、短い時間なので、難しいとは思うが、その中でも1日1日一回一回のトレーニングを濃いものにしていかないといけないですし、ピッチ内外でこの活動を濃度の濃いものにしていかないといけないと思っています。今回の活動は非常に大切な時間になると思います。1秒1秒を惜しみなくチームの底上げにつながるように費やしていきたいと思っています。

DF 植田直通 選手(セルクル・ブルージュKSV)
代表に呼ばれる回数は多くなってきましたが、まだまだ足りないところはたくさんあります。若い選手たちもたくさん呼ばれてきているので、そこに負けない力を示さないといけないと感じています。
個人としては全てのレベルをあげていきたい、DFとして相手に負けない、失点しないということにクオリティを上げていきたいです。
自分より年下の選手が活躍するのは刺激を受けます。若い選手たちが海外でプレーするようになって危機感も感じています。そういう危機感が必要ですし、そういうものがあるから自分も成長できると思います。所属クラブでの競争、代表チームでの競争が大事。そうしたものが代表の成長につながると思っています。
ベルギーでもアフリカの選手が多い中でやっていますが、身体能力、一瞬のスピードの速さ、日本人が持っていないものを持っています。ひとつのルーズボールを仕留める力を持っているので、一瞬の隙も出さない、常に自分がいい準備をして、良い態勢で対応できるようにしておくことが大切になるので、試合中は常に心がけたいです。
ベルギーリーグでやっているからこそ、そういう選手には負けられません。日本代表の力を見せたいです。

MF 伊東純也 選手(KRCヘンク)
コロナの状況で仕方ないというのはありましたが、早く代表でやりたいという思いはありました。ベルギーでは試合にも絡めていますし、自身の状態は悪くないと思います。ベルギーではドリブルで縦へ仕掛けていくのはもちろん、間で受けたりすることも求められ、その部分成長できたと思っています。対人が強いベルギーDFの中で自分の強みで勝負できているというのは自信になっています。
ベルギーにはアフリカの選手が多くプレーしています。身体能力が高いですが、日本はチームとしてしっかり攻守でやっていければと思います。アフリカの選手たちは揺さぶりに弱い、パスでうまく揺さぶっていきたい。対人で負けないことも必要ですが、工夫は必要かなと思います。
なかなか集まることが難しい中でこういう機会得られたのは日本にとっていいこと。個人的にも嬉しいですし、大事にしたいと思います。

MF 久保建英 選手(ビジャレアルCF)
このような状況の中で各国のクラブに所属する選手たちが集まって活動できるというのが非常に有意義な時間だと思いますし、これを無駄にしないように今回の2試合をみんなで力を合わせて全力で戦って、代表の意味というものをまた示せたらと思います。去年から1年分の実績を積んできて、それは確かな自信となって自分の中にあるので、選手として一段階上のレベルになれたということを、相手も国を代表している選手たちですが、試合の中で掴んでいけたらと思っています。こういう状況の中で、スポーツというものが人々にとって数少ないエンターテイメントになっていると感じています。いろいろなことが制限されている中で、サッカーは多くの方々の協力を得て開催できている状況なので、恩返しではないですが、自分たちへの期待を結果や内容で返していくことが今回は義務になると思っています。
今回の2試合はいろいろな確認も含めて大事な試合となると思います。久しぶりの代表戦となるので、みんなと意思疎通を図りながら、良い試合にしたいと思いますし、それが必然的に次の代表活動へと繋がっていく。誰も立場を約束されている選手はいないので、今回の2試合に全力で向かっていきたいと思います。
コロナウイルスが世界的に拡大した後でも、サッカーに限らずいろいろなことが、みんなが力を合わせたことで思ったよりも早く復旧、再開することができました。1人ではできないことも多くの方の協力を得て実現できたということが示されました。自分たちが助けてもらった方々に、今度はサッカー選手がプレーで返すことが一番だと思うので、自分たちのプレーを見て、今、外で活動をすることができない子どもたちが「サッカー選手になりたい」と思ってもらえたらと思います。

スケジュール

10月5日(月) PM トレーニング
10月6日(火) PM トレーニング
10月7日(水) PM トレーニング
10月8日(木) 未定 公式会見、公式練習
10月9日(金) 14:00 国際親善試合 カメルーン代表戦(Stadion Galgenwaard)
10月10日(土) PM トレーニング
10月11日(日) PM トレーニング
10月12日(月) 未定 公式会見、トレーニング
10月13日(火) 16:45 国際親善試合 コートジボワール代表戦(Stadion Galgenwaard)

※スケジュールを変更する場合があります

国際親善試合

2020年10月9日(金) 14:00 キックオフ(日本時間 21:00)vs カメルーン代表
2020年10月13日(火) 16:45 キックオフ(日本時間 23:45)vs コートジボワール代表
会場:スタディオン・ハルヘンワールト(オランダ/ユトレヒト)

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー