JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 高円宮記念JFA夢フィールド > 最新ニュース一覧 > 高円宮記念JFA夢フィールド 高円宮憲仁親王像 除幕式を挙行

ニュース

高円宮記念JFA夢フィールド 高円宮憲仁親王像 除幕式を挙行

2020年09月10日

高円宮記念JFA夢フィールド 高円宮憲仁親王像 除幕式を挙行

日本サッカー協会(JFA)は、JFAの名誉総裁であられた高円宮憲仁親王の日本サッカーへの思いを継承し、そのご功績を後世に伝えるため、「高円宮記念JFA夢フィールド」に高円宮憲仁親王像を建立、本日9月10日、同施設において銅像の除幕式を執り行いました。
除幕式は、JFA名誉総裁であられる高円宮妃殿下ご臨席のもとに行われ、銅像の制作者である小川幸造東京造形大学名誉教授、台座に名称を揮毫(きごう)した川淵三郎キャプテン(JFA相談役)、田嶋幸三JFA会長をはじめとする役員ら13人が出席しました。

除幕式後、JFA田嶋会長が妃殿下をJFA夢フィールドの施設にご案内しました。ご案内。妃殿下はSAMURAI BLUE(日本代表)の森保一監督や、なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督、反町康治技術委員長、今井純子女子委員長ともご歓談されたのち、JFA夢フィールドを後にされました。

高円宮憲仁親王像

建立場所

高円宮記念JFA夢フィールド エントランスホール

銅像の素材

ブロンズ製(銅と錫・亜鉛の合金製)

大きさ

台座/高さ70センチメートル×幅100センチメートル(円柱形)
銅像/高さ135センチメートル(着座高)

制作者

小川幸造(東京造形大学名誉教授)

台座名称揮毫

川淵三郎(日本サッカー協会第10代会長)

高円宮さまとサッカー

サッカーがお好きだった高円宮憲仁親王。JFAの申し出をお受けになり、1987年4月1日に名誉総裁に就任されました。1993年のJリーグ開幕、2002年のFIFAワールドカップの招致など日本サッカーが大きく変化する時代の中で、折に触れて日本サッカーの進むべき道を示されました。「若手の育成が日本サッカーの発展につながる」という高円宮さまのお言葉を受け、JFAは高円宮杯とJFAアカデミーを創設。また、高円宮さまが大切にされた「フェアプレー」を推進するため、1995年から全ての国内大会に「フェアプレー賞」を設けました。
サッカーの発展に心を砕かれ、常に我々の背中を押し続けてくださった高円宮さま。この像は、高円宮さまの日本サッカーへの思いを継承し、そのご功績を後世に伝えるために、高円宮憲仁親王像を建立しました。

※高円宮記念JFA夢フィールド
高円宮記念JFA夢フィールドは、千葉県立幕張海浜公園内に2018年10月より建設が始まり、今年の4月に完成。「選手育成・代表強化・指導者養成の三位一体+普及」のコンセプトを体現する場所として各カテゴリーの日本代表のトレーニングや指導者・審判員等の人材養成に利用されるほか、サッカーを通じた国際交流、社会貢献の拠点としても利用され、日本サッカーの継続的な強化と普及を支えていく施設となる。
※現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止により施設への入場が制限されています。

施設についての詳細は、JFA夢フィールド公式サイト「http://www.jfa.jp/nfc/about.html」をご覧ください。

会長コメント

田嶋幸三 JFA会長
高円宮憲仁親王像が完成し、身が引き締まる思いとともに、まさにこちらに殿下がいらっしゃるような、心強く、温かい気持ちになります。日本代表選手や未来の日本代表、指導者、審判員らは常に高円宮殿下に見守られながら、東京湾を一望するこの雄大なフィールドで研鑽を積み、世界トップを目指します。夢フィールドが世界屈指のトレーニングセンターとして機能し、ここから多くの優秀な人材を送り出していくことを、あらためて殿下にお誓いしたいと思います。

アーカイブ
高円宮記念JFA夢フィールド
NEWS メニュー
  • ごあいさつ
  • 高円宮記念JFA夢フィールド
  • サッカーファミリーからのメッセージ
  • ご寄付のお願い
  • ご寄付を頂いた方々
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • 工事風景
  • ポット苗生育状況
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー