JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 高円宮記念JFA夢フィールド > 最新ニュース一覧 > 高円宮記念JFA夢フィールドの施設を初使用

ニュース

高円宮記念JFA夢フィールドの施設を初使用

2020年06月23日

高円宮記念JFA夢フィールドの施設を初使用

2020年3月に完成した高円宮記念JFA夢フィールドは6月8日(月)に竣工神事を終え(そのときの模様はこちら)、来る全面オープンの時に備え、今は各施設の準備を入念に行っています。

22日、男子ナショナルコーチングスタッフが夢フィールドに集まり、公開に先んじて夢フィールドのピッチで汗を流しました。この日の午後から同施設を北海道コンサドーレ札幌が使用することに先駆け、最終的なチェックの意味合いも含め、森保一SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)監督以下、約20名のスタッフがピッチコンディションを確認しながら、約1時間ボールを蹴りました。

新型コロナウイルスの影響もあり、こうして顔を合わせるのも数カ月ぶりとなったコーチングスタッフ陣、しかしサッカーボールがあればそんな時間の壁はあっという間に取り払われます。あいにくの天候でのプレーとなりましたが、一緒にボールを蹴ることでサッカーの楽しさを共有し、より深いコミュニケーションが取れ、天気と裏腹に一様に晴れやかな表情を見せていました。

そして夕方にはJリーグの再開を控え、ここ夢フィールドでトレーニングキャンプを行う北海道コンサドーレ札幌が到着。森保監督たちは札幌のペトロビッチ監督との旧交を温め、その後北海道コンサドーレ札幌のトレーニングを見学しました。

新型コロナウイルスの影響もあり、高円宮記念JFA夢フィールドは依然、部分的なオープンでの運用となっています。
全面オープンとなった際には改めて皆さまにお知らせしますので、もう少々お待ちください。

アーカイブ
高円宮記念JFA夢フィールド
NEWS メニュー
  • ごあいさつ
  • 高円宮記念JFA夢フィールド
  • サッカーファミリーからのメッセージ
  • ご寄付のお願い
  • ご寄付を頂いた方々
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • 工事風景
  • ポット苗生育状況
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー