JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2021年 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、アイスランド女子代表戦に向けてアルメレで初練習

ニュース

なでしこジャパン、アイスランド女子代表戦に向けてアルメレで初練習

2021年11月24日

なでしこジャパン、アイスランド女子代表戦に向けてアルメレで初練習

11月22日(月)にオランダ・アルメレに到着したなでしこジャパン(日本女子代表)は23日(火)、現地で初めてとなるトレーニングを行いました。

細かいステップワークを含めたウォーミングアップでスタートしたトレーニングでは、それぞれのコンディションを測るためのランニングテストを実施。長距離移動や各所属クラブでの試合出場による疲労状況を見極めつつ、アイスランド女子代表戦に向けて最適な身体づくりを目指します。その後ゴールキーパーは3人でのパス&コントロールやセービング練習を行い、フィールドプレーヤーは10月に行われた日本国内でのトレーニングキャンプでも取り組んだ、立ち位置を意識したパス&コントロールで汗を流しました。前回のトレーニングキャンプと近いメニューをこなしながらも、今回新しく加わったメンバーと改めてチームとして大事にする点、考え方を共有する作業を進めています。その後は狭いコートでサーバーを付けながらのポゼッションを行い、最後は再度ゴールキーパーと合流し、5対5+ゴールキーパーでライン突破を図るトレーニングで午前の練習を締めくくりました。

午後のトレーニングでは、午前中に行ったパス&コントロールにさらに実戦的な要素を加え、遠いサイドの選手もボールに関わっていく意識を高めました。その後はディフェンスとオフェンスの選手に分かれ、ディフェンスの選手はクロスボールの対応、オフェンスの選手は前線でのコンビネーションから裏へ抜け出しシュートまで持ち込むトレーニングに打ち込みました。日が暮れ気温がより低くなる中、息を白く吐き出しながらトレーニングは約1時間で終了。それぞれのコンディションに留意しながらも密度の濃い時間となりました。

25日(木)に新チームの初陣となるアイスランド女子代表戦を戦うなでしこジャパン。限られた時間の中でも最高の準備を続け、来たる一戦に向かいます。

コメント

DF #2 清水梨紗 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
WEリーグシーズン中の短い期間での海外遠征で、時差ボケの対策をするには時間が短いですが、コロナ禍で海外のチームと2試合できるのはすごく良い機会だと思います。コンディションについてはチームからもどういうふうに過ごしたら良いか言われているので、ある程度自分は大丈夫かなと思います。
今のチームのサッカーの1番のテーマは奪うということ。前回のトレーニングキャンプでオリンピックでの奪う回数、奪いに行く回数が少ないという分析結果を見た後に、自分でも振り返ってもう一度オリンピックの映像を見てみると、相手の懐に行けている回数は確かに少なかったと思いました。今回の遠征では個人的にそういうところを意識してやっていきたいと思っています。
1月にワールドカップの出場権が懸かった試合を控えているなかで、今回はそこまでに試合ができる貴重な機会になると思います。試合の中で反省を出すのも大事ですし、プレーしながら選手同士で合わせていくことが大事。前半の45分間、ハーフタイム、トータル90分の中で色々コミュニケーションを取りながらやっていきたいです。勝負事なので勝つことは絶対に求めていかなければならないので、今回も勝つことが1番大事だと思っています。

MF #14 長谷川唯 選手(ウェストハム・ユナイテッド/ENG)
本格的に池田監督の指導を受けるのは初めてですが、これまでのトレーニングキャンプでよくお会いしていたので、人としての明るさだったり、人間性、サッカーに対しての情熱は、今までのあいさつひとつや少し話しただけで伝わってくるところがありました。その予想通りというか、良いチームが作れそうだなというのは初めての練習でしたが感じました。ボールを動かすためにどういう立ち位置を取るか、もちろん試合になれば相手もいて状況も違う中でやるのですが、全員が共通認識を持つという点で基本的ですが良い練習ができたと思います。自分がこれまでやってきたことにもプラスして、違う考えや立ち位置もどんどん取り入れていければと思います。
年代別代表を経験して、その後なでしこジャパンに選出されたタイミングが自分としては目標より遅かったので、入った時から自分がチームを勝たせられるようなプレーをしたいと思ってやっています。そういう意味では今も変わらずできていると思います。ただ自分も経験を積んで、サッカーに対する知識も増えてきていますし、年齢というよりは試合数や色々な監督とサッカーをした中で得たことがあるので、それを周りに伝えなければと思っています。ただまずは自分のプレーで示すことが大事だと思いますし、それをやる上でいろんな選手とコミュニケーションを取って、色々な考え方を状況、状況で共有して全員の共通理解にできるようなチームにするために、ひとつの材料として自分がそういう存在になれればと思います。

FW #11 田中美南 選手(INAC神戸レオネッサ)
海外でプレーする選手が合流して、個人としての感覚は変わらないですがチームの雰囲気は良いと思いますし、ミーティングの中でも前回の合宿で意識して積み上げてきたもの、目標を意思統一できました。池田監督のサッカーになって初めて海外チームと対戦しますが、現時点での自分たちのサッカーがどれだけ通用するか、もちろんエラーもあるし、ボールを奪いにいくという目標を掲げている分、裏をやられることや、失点することもあると思いますが、まだプラスに捉えられる時期だと思うので、どんどんチャレンジしてエラーをみんなで修正して、その次のオランダ戦に向かえればと思います。個人としては出場したら奪うというコンセプトのもと、しっかり自分がやれることをやりながら、得点は狙っていきたいと思います。
アジアカップまでの期間で海外のチームと対戦する機会はこの合宿でしか無いので、みんなシーズン中ではありますが強度を求めていきたいです。個人的には守備のところの強度、攻撃のところの強度。オリンピックに出た時に強度の差をすごく感じたので、今回はそれを試せる機会だと思います。みんながチャレンジして、自分が思っている以上のパワーを出す気持ちでぶつかっていかないと強度は上がっていかないと思うので、そこのトライはしていきたいです。

国際親善試合

なでしこジャパン 対 アイスランド女子代表
開催日時:2021年11月25日(木) 19:40(日本時間 11/26(金) 3:40)
会場:Yanmar Stadion(アルメレ/オランダ)
テレビ放送:BSフジにて生中継

大会情報はこちら

なでしこジャパン 対 オランダ女子代表
開催日時:2021年11月29日(月) 19:40(日本時間 11/30(火) 3:40)
会場:Cars Jeans Stadion(ハーグ/オランダ)
テレビ放送:BSフジにて生中継

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー