JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > U-23 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-23日本代表、シリアに敗れグループステージ敗退~AFC U23選手権タイ2020(1.8~26)

ニュース

U-23日本代表、シリアに敗れグループステージ敗退~AFC U23選手権タイ2020(1.8~26)

2020年01月13日

U-23日本代表、シリアに敗れグループステージ敗退~AFC U23選手権タイ2020(1.8~26)

U-23日本代表は1月12日(日)、AFC U23選手権タイ2020のグループB第2戦でU-23シリア代表と戦い、先行されながらも一度は追いつく展開となりましたが、終盤に失点を許して1-2で敗れました。

初戦のU-23サウジアラビア戦に敗れたことでグループステージ突破のために勝利が欲しい日本は、スターティングメンバーとしてGKに大迫敬介選手(サンフレッチェ広島)、DFに右から渡辺剛選手(FC東京)、岡崎慎選手(清水エスパルス)、町田浩樹選手(鹿島アントラーズ)を配置。中盤の底に松本泰志選手(サンフレッチェ広島)と齊藤未月選手(湘南ベルマーレ)を並べ、サイドには右に橋岡大樹選手(浦和レッズ)、左に相馬勇紀選手(名古屋グランパス)、シャドーに食野亮太郎選手(ハート・オブ・ミドロシアンFC)、森島司選手(サンフレッチェ広島)、最前線には上田綺世選手(鹿島アントラーズ)を起用し、初戦から6人を入れ替えて臨みました。

試合は序盤から動きます。6分、相手に左サイドのCKを与えてしまうと、中央の混戦から一度はクリアしたものの、VAR判定の末に町田選手のファウルを取られてPKを献上。このPKを決められ、先取点を奪われました。

ただ、この失点に動揺することなく日本は攻め手を増やしていきます。相馬選手と橋岡選手が積極的な仕掛けからサイドを攻略していけば、中央では前線の3人がコンビネーションからチャンスを創出。相手ゴールに近づいていくと、31分には岡崎選手の素早い左サイドへの展開から、最後は相馬選手が一度は防がれながらも、こぼれ球を再び振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めました。同点に追いついてからは試合を優位に進め、前半を1-1で折り返します。

後半に入ると日本がボールを持ちながら攻め込んでいきます。しかし、83分に迎えたチャンスでは、橋岡選手のクロスを上田選手が合わせましたが枠に飛ばすことができず。なかなか相手を崩し切ることができないまま、時間だけが過ぎていきます。

そして、迎えた89分でした。一瞬の隙を突かれて背後を取られてしまうと、相手のシュートがゴール右に決まり、勝ち越し点を許します。その後、日本は途中出場の旗手選手を中心にゴールを脅かしますが、最後まで同点弾を奪えないまま試合は終了。シリアに1-2で敗れ、2連敗でグループステージ敗退が決まりました。

試合後、森保監督は「望んでいない残念な結果になった。たくさんの方が応援してくれた中で期待に応えられず残念です」とコメントし、「試合終了間際に失点してしまう勝負の肝の部分を、若い選手にはこの2試合を通して学んでほしい」と2試合続けて終盤に失点を許したことについて言及しました。また大会の敗退が決まったことには「この痛すぎる思いを持って、再び成長につなげたい」と自身の思いを明かしています。

大会からの敗退が決まった日本は、次につながる勝利を目指して中2日で15日(水)にグループステージ第3節・対カタール戦を迎えます。

監督・選手コメント

森保一 監督
1試合目の反省を生かし、選手もその精神を持ってゲームに入ってくれたました。しかしながら先制点を許し、1試合目と同じような展開になってしまった。残された時間で、選手たちが下を向くことなくプレーを続け得点を奪うところはよかったと思います。ただ後半に入り、相手を仕留めるチャンスを作りながらも、試合終了間際に失点してしまった。こうした勝負の肝の部分をこの2試合を通して学ぶことができたと思います。相手が終盤にカウンターで攻勢をかけてきたところは、ケアをしながらもポジショニングや判断の部分が足りなかった。もちろんリスク管理だけを考えると攻撃へのパワーを失いますが、失点の場面は攻撃時にボールを失ったところから。攻め切るというクオリティーも必要だと思います。

DF #3 渡辺剛 選手(FC東京)
球際や競り合いの部分で勝てないと、相手に有利に働くと感じました。今日のような、蹴ってセカンドボールを拾って、という展開の中で相手を上回れないと、相手が流れを持って攻撃してきてしまう。これから先、世界を相手にした時に大きな選手や球際に強い選手がいっぱいいると思いますけど、そこで一人ひとりが勝てないと自分たちに流れを持ってこられないと改めて感じました。

DF #22 橋岡大樹 選手(浦和レッズ)
また前回と同じような時間帯にやられてしまった。最後のあの時間帯で決められるというのは、何か差があるのかなと思います。集中力を切らさずにいかないと、隙を見せたらこういうことになると改めて思いました。敗退は決まりましたが、次の試合も日本を背負って戦うので絶対に勝たないといけません。僕たちはできることをピッチ内で表現するだけだと思います。

MF #6 齊藤未月 選手(湘南ベルマーレ)
試合が終わった後に思いましたけど、サッカーはどれだけボールを奪ってもゴールを奪わないと勝てないスポーツなので、結果としては相手の方が強かったということだと思います。終盤の時間帯、自分たちにちょっとチャンスが増えてきたところで、選手が入れ替わった中で前のゲームで得た教訓を生かせずにやられてしまった。不甲斐ないと思っています。

MF #16 相馬勇紀 選手(名古屋グランパス)
(得点は)空いたコースに向かって打ち切るシュート練習は普段からやっているので、それが結果に出たと思います。ただクロスの質のところで、競り合いで勝てる選手に合わせられなかったのでまだまだだなと。それに、2試合とも奪われてはいけない時間帯に点を取られたことには向き合わないといけません。もう1試合残っていて、もう一度、真剣勝負ができるのは幸せなこと。2日あるのでコンディションを含めて回復させて、しっかり戦おうという話はしました。

スケジュール

AFC U23選手権タイ2020
1月8日(水) PM 開幕会見・トレーニング
1月9日(木) 1-2 グループステージ第1戦 vs U-23サウジアラビア代表
(バンコク/Thammasat Stadium)
1月10日(金) PM トレーニング
1月11日(土) PM トレーニング
1月12日(日) 1-2 グループステージ第2戦 vs U-23シリア代表
(バンコク/Thammasat Stadium)
1月13日(月) PM トレーニング
1月14日(火) PM トレーニング
1月15日(水) 20:15 グループステージ第3戦 vs U-23カタール代表
(バンコク/Rajamangala Stadium)
1月18日(土) 17:15/20:15 準々決勝(Thammasat /Rajamangala Stadium)
1月22日(水) 17:15/20:15 準決勝(Rajamangala /Thammasat Stadium)
1月25日(土) 19:30 3位決定戦(Rajamangala Stadium)
1月26日(日) 19:30 決勝(Rajamangala Stadium)

※時間は現地時間です。
※スケジュールは都合により変更となる場合があります。

AFC U23選手権タイ2020

大会期間:2020/1/8(水)~2020/1/26(日)
会場:タイ/Thammasat Stadium、Rajamangala Stadium、Tinsulanon Stadium、Buriram Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー